のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

ボーラ ワン 35 ダークラベル クリンチャーさん  

お客さんから ボーラワンをお預かりしました。
DSC01682amx6.jpg
DSC01683amx6.jpg
点検に際しては、とくに書くことがありません。

珍しくタイヤ付きの画像を撮りましたが、
ついでに バルブ穴カタカタ音防止ガード(バルブ ブッシュ)について
書こうと思います。

DSC01673amx6.jpg
2WAY-FITのアルミリムと ボーラなどのカーボンリムには
バルブ穴にブッシュが付いていますが、
2WAY-FITは90°位相で4つ爪、
カーボンリムは180°位相で2つ爪で
爪の長さも違います。

DSC01672amx6.jpg
いずれの爪もバルブが通りにくいのですが、
とくにカーボンリム用の2つ爪は それが顕著です。
バルブで爪を押した結果 どこかにとんでいったまま、
上の画像の状態で使っているという例も 多々見てきました。
このバルブブッシュは当店の常備在庫パーツでもあります。

DSC01693amx6.jpg
こういう2つ爪になっているのですが、これの取り付け方向で
バルブの通しやすさが変わります。

DSC04757amx6.jpg
リムの前後方向に取り付けると 爪の開きしろがあるのですが、

DSC04759amx6.jpg
左右方向に取り付けるとリム内部のアールに押されて
爪が少し閉じるようです。
この状態でも(普通はやりませんが)内周側からは バルブがスッと通ります。

DSC04760amx6.jpg
あと、バルブにねじ山が切ってある場合 そのぶんだけ外径が痩せるので
ねじ山無しのバルブより通しやすいです。

DSC04761amx6.jpg
延長バルブを使う場合、中継ぎ式はバルブと同じ外径ですが
かぶせ式の場合はバルブそのものよりも外径が大きくなるので
バルブブッシュには まず通りません。
カンパニョーロのホイールに延長バルブが付属している場合
昔はかぶせ式だったのですが、今は中継ぎ式になっているのは
これと関係があると思われます。

DSC04762amx6.jpg
↑中継ぎ式
DSC04763amx6.jpg
↑かぶせ式

バルブブッシュを前後方向に取り付け、そのうえ ねじ山ありバルブであっても
2つ爪のものは かなり通しにくくなっています。

DSC01694amx6.jpg
そういう場合は、

DSC01698amx6.jpg
↑爪の この部分をテーパー状に削ってください。
これで かなり通りやすくなります。

DSC04425amx6.jpg
ところで先日、上の画像のボーラに
ほぼ不可能であるはずのかぶせ式延長バルブが通っていました。
何故なのかというと、

DSC04426amx6.jpg
バルブブッシュが新型になっていました。
こっそり変更しているということは
それなりに苦情があったということです。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3320-2b04fbba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター