のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

ボーラ ワン 35さん  

某FJTから ボーラワンをお預かりしました。
今から書くことは封印していたのですが、
某FJTが「書いてもいい」とのことなので書きます。
DSC07552amx6.jpg
DSC07553amx6.jpg
自転車工房ハイランダーで買ったボーラ ワンです。
仕入れた問屋さんはポディウムでしょうか。
某FJTさんは海外通販に精通しているので、
このボーラワンが いくら安かったとしても
知りうる中で 最も安く買う手段でないことは確実です。

それにも かかわらず わざわざ篠山で買う理由は、ひとつしかありません。
新規にショップを始めた知り合いに対して、
お金を落として 買い支えてやろうという「気持ち」です。
実際に、ご祝儀のような意味で注文したと言っていました。

という経緯のホイールなのですが、購入1年後に整備を頼んだところ
「G3組みは振れ取りできない」という理由で断られたので
当店に持ってきたということです。
さわれないもん 売るなや。
後の面倒も見れないのに売りっぱなしというのでは、
実店舗販売の意味がありません。

DSC07555amx6.jpg
右エンドナットがゆるんでいました。
画像の状態は少し手でゆるめていますが、
「手でゆるんだ」わけではありません。
ある程度 ゆるんでいたということです。
販売前の点検で締めていれば 後からは まずゆるみません。

DSC07557amx5.jpg
変速やペダリングによって
スプロケットごとフリーボディが左右に動いていたらしく、
ハブシャフトに擦った跡があります。
フリーボディ外側のベアリングが腐っていたので交換しました。

カンパニョーロのフリーボディの外側のベアリングが
とくに傷みやすいというコメントをいただいていますが、
それはまた 後日に書きます。

当店で点検したあとに某FJTがハイランダーに確認したところ、
販売前の点検はしていないと認めました。
こういう場合 やってもいないことを「やった」と
しょーもないウソをつく奴だったので、
少しはまともになったのかと感心しました。

当店は自転車工房ハイランダーのスカタンのケツモチを
しょっちゅうしているのですが、
今までは 書かないか 店名を伏せていました。

純粋なスカタンは置いておいて、お金をもらう根拠が薄い仕事や
段取りがおかしい事例が多々あるのが目立ちます。

サーベロのフレームに非真円ギヤを取り付けているバイクで、
アルテグラのフロントメカが変速がおかしいからと
デュラエースのフロントメカに交換したという話。

スラムのフォースのリヤメカの変速がおかしいからと
度々持ち込んだところ 持ち込むたびに金を盗られ、
何度目かに 事前の了解なく新品のフォースのリヤメカに交換されたので、
なぜ交換したのか訊いたところ「プーリーが割れてました」と言うので
それならプーリーだけ換えればいいだろ そのリヤメカ見せてみろと言ったら
「もう捨ててしまって無いです」という対応をされたという話。

イーストンのR4SLハブのセラミックベアリングがゴリゴリなので
新品のセラミックベアリングに交換してくれと預けたところ、
「出来ました」と連絡があったので 取りに行ったら
「セラミックベアリングが無かったので鉄球ベアリングにしときました」
と言われたという話。
出来ました、は おかしいだろ セラミックベアリングが無いと事前に伝えて
それに対して じゃあやめとくわとか 鉄球にしといてくれとかいう選択を
お客さんにしてもらうべきだろーが。

トレックのレディース用マドンで、
ペダルを漕ぐとカチャンカチャンと異音がするということで
リヤメカを105から(おそらくはその場に在庫があった)ティアグラに
交換したものの、カチャンカチャンの原因は
チェーンの中に動きがシブいコマがあったためなので
リヤメカの交換は全く不要だった話。

私がリムセメント3重張りで張ったシクロクロスのチューブラータイヤを、
リバースエンジニアリングでもしたかったのか
お客さん(某FJT)の了解なく勝手に剥がした話。
シクロのフレーム預けたら ワンシーズン店の壁に磔だったというのも
某FJTの話。
預けたロードバイクのフレームに雨が乾いた水垢、タイヤに泥、
チェーンにゴールデンレトリーバー訂正:コーギーの毛が付いて返ってきて
これ絶対 外に長期間 放り出してたやろ、となった話も 某FJTです。

別に頼んでもいないのに
デュラエースのチェーンより高価な 金色の軽量チェーンに交換されて
「金色のチェーンに換えときました!カッコいいでしょ!」と言われたものの
内心 別に金色がカッコいいとか思っていないのに
しぶしぶ金を払ったという話。

わざわざ篠山まで自走で行ってピナレロのヘッドのガタ取りを頼んだら
帰りの道中で 元の状態よりもガタガタになって怖い思いをしたという話。

シクロクロスのアウターを白・赤・白で組んで
「日の丸カラーで組みました!」と言うも
お客さんは そもそもそんなこと頼んでいないという話。

インテグレーテッドシートチューブをカットした後、
カーボンが断面からササクレてくるのを防ごうとして
アロンアルファを付けようとしたところ、
シートチューブにブビッと飛び散って どうしようもなくなった跡を
削って 色を塗り(フレームの色は黒)、
お客さんの家まで配達したところ その場で誤魔化しを看破された話。
お客さんが この件を上司に相談したのかと訊いたところ
「相談していない」というので、お客さんが気付かないか
泣き寝入りすれば 御の字というわけですね。

赤いサーベロを店内で倒して10円玉ほどの塗装欠けを作ってしまい、
ホームセンターで買ってきたタッチペイントで補修を試みるも
赤の色味が合うはずもなく、塗っては ぬぐい
また塗ってと繰り返すうち 塗料も溶剤なので
塗装欠けが500円玉大になったところを
私の友人(塗装ができる)に泣きついて こっそり補修してもらったという話。
その友人が引き受けた条件は 俺が直したと誰にも言うな、です。

おっと、シルベストサイクルのときの話も書いてしまいました。
とにかく、仕事の内容に対して工賃が不可解に高いことが多いことと
お客さんにお伺いを立てず 独断専行で作業を進めたり
高価なパーツを勝手に取り付けたりする例が非常に多いのが問題で、
そのケツモチが 私に飛び火することも多いのです。
それは今現在でもそうでして、

DSC04764amx6.jpg
某FJTからタイムのワールドスターをお預かりしました。
1年前くらいに組んだらしいですが、バーテープが汚れていません。
自転車工房ハイランダーにて スーパーレコードで組まれたものですが、
一度乗ってコーナーで死にかけたので それからは全く乗っていないとのことです。
「このほうがアウターのラインがきれいなので!」という理由で
ブレーキを左前で組んだらしいですが、某FJTは右前ブレーキです。
このレベルのことを勝手にやるというのは、頭がわいてるんじゃないでしょうか。

追記:
コーナーに差し掛かるまでブレーキが左右逆なのに
気付かないほうもどうかと・・・というコメントをいただきましたが、
ブレーキが左右逆であることは 渡された際に聞いたので
事前に知ってはいました。
で、乗ってみたらやっぱり無理だったという話です。
一応乗ってみる某FJTかわいい。

9000デュラエースに組み換えてほしい(もちろん右前ブレーキで)ということですが、
それはいいとして 4月2日の舞洲の帰りに 取りに寄りたいとか言ってます。
このくそ忙しい最中に こういうのが挟まるのが まず迷惑、
店の中が狭くなるのが また迷惑です。
これ、スカタンのケツモチではなく スカタン以前の問題じゃないでしょうか。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 5

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2017/03/28 06:19 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2017/03/28 16:12 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2017/03/29 13:39 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2017/04/01 23:43 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2017/04/15 15:23 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3322-e5c31827
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター