のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

オープンプロリムのホイールを組み換えました(後輪だけど前編)  

今日もホイー(以下略)。
DSC05079amx6.jpg
お客さんから オープンプロで組まれたホイールをお預かりしました。

DSC05080amx6.jpg
サンエクシードのラージフランジハブ32H
15番チャンピオンロクロク逆イタリアン組みです。
逆イタリアン組みにしているのには 深い意味は無いと思われます。

DSC05083amx6.jpg
サンエクシードですが、かのサンツアーの ロゴマークと字体になっています。
ええ、まあ、これをしても問題が無い人たちによって興されたブランドです。

DSC05085amx6.jpg
バラす前の状態ですが、スポークが長すぎです。

DSC05087amx6.jpg
組めました。

DSC05088amx6.jpg
カンパニョーロのヴェローチェ32Hハブ
全コンペヨンロクイタリアン組み結線ありです。

DSC05086amx6.jpg
このヴェローチェのリヤハブですが、ある時期には
その下位グレードのミラージュのハブと 性能的には同じものです。
違う点は 左ダストキャップにヴェローチェとあるかミラージュとあるか、
それとヴェローチェが銀ハブで ミラージュが黒ハブということだけです。

DSC05089amx6.jpg
2005年のスペアパーツカタログです。

DSC05090amx6.jpg
ダストキャップがFH-VL010ならヴェローチェ、FH-MI110ならミラージュで、
それ以外のパーツは全く同じです。
このハブは、キャップがVL010ならFH02-VLという ヴェローチェのハブ、
FH-MI110ならFH4-MIBというミラージュのハブになります。
左上の製品記号の意味は
FH フリーハブ
数字 年式で 2003年までは03のように 頭にゼロありの表記、
    2004年からは4のように ゼロ無しの表記
VL ヴェローチェ
MIB メンインブラックではなくミラージュブラック
です。
フリーハブが同じものなのに ヴェローチェが9s/10sで
ミラージュが9Sとなっていますが、これには理由があります。
結論としては どちらのハブも9/10/11Sです。

DSC05091amx6.jpg
2005年のヴェローチェのエルゴパワーレバーは、
2003年から継続の9S仕様と 2004年から継続の10S仕様が
併売されていたので「ヴェローチェの」ハブということで9/10S、

DSC05092amx6.jpg
ミラージュは2001年から継続の9S仕様となるので、
同グレードのハブも9S仕様のみを名乗っているというわけです。

2006年のエルゴパワーレバーは ヴェローチェもミラージュもモデルチェンジし、
ヴェローチェはEP6-VLXCという10S仕様(9Sは廃版)、
ミラージュはEP6-MI9Cという9S仕様となります。
末尾のCは コンプリートかコンビか 左右ペアという意味で、
右レバーのみだとR 左レバーのみだとLになります。
ミラージュのあとに付いている「9」が 9Sを示しているということは、
ヴェローチェの「X」は ローマ数字の10です。

ここで気になるのは、11Sレバーの場合
グレードの次の数字がどうなっているのかということですが、
2012年のスーパーレコード(2011年から継続)は
EP11-SR1Cとなっているので「1」を 11Sに充てています。
レバー左右セットの末尾C品番がカタログに載っているのは 2012年が最後で、
2013年以降はEP11-SR1R(またはL)のように 片側での品番しかありません。
確かにそうですね。スペアパーツとして欲しいのは 通常はRまたはLだけであり、
Cを取り寄せるのは 製品版を買うのとほぼ変わりません。
違いは 箱やワイヤーの付属の有無くらいでしょうか。

ややこしいことに、2013年のスペアパーツカタログでは
機械式のスーパーレコードのレバーはEP11-SR1R(L)で、
EPSのスーパーレコードのレバーはEP12-SR1R(L)になっています。
後者は まるで2012年から継続の機械式エルゴパワーレバーのように見えますが、
2012年のカタログには載っていません。

これではさすがに ややこしいと思ったのか、
2017年のEPSのスーパーレコードのレバーは
EP12-SR1EPSR(L)とEPSの文字を挟んできました。
スーパーレコードのEPSレバーは それ以外の品番が変わっていないので
2013年に出て以降 継続ということになりますが、
DSC05093amx6.jpg
2013年
DSC05096amx6.jpg
2017年

DSC05094amx6.jpg
2013年
DSC05097amx6.jpg
2017年(品番にEPSを挟んでいる)

DSC05095amx6.jpg
2013年
DSC05098amx6.jpg
2017年
唯一のパーツの変更点です。青字のブラケット内側のフタの品番が進み
ねじ止めから 爪パチン式に変わっています。
コードを這わせると このフタのパチンが異常に閉めにくいので
私としては 前のほうが良かったのですが。


DSC05099amx6.jpg
2017年の スーパーレコードの機械式エルゴパワーレバーです。
2015年から継続なので、法則に従えばEP15-SR1R(L)となるはずですが
レバー片側全てに対して品番を充てているのは 現行ではEPSのみになりました。
ただ、全ての部分が バラ売りで入手可能なので、
レバー片側全てが欲しければ そうなるように買って組み立てればいいだけです。

えらく話が逸れていますが、逸れなければ 前輪も組めたという事実は
ここまで読んだ人だけにお伝えする内緒の話です。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3361-7de4e13d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター