のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

レーシングゼロさん(R=レ・良・六)  

お客さんから Rーシングゼロをお預かりしました。
DSC05584amx6.jpg
DSC05583amx6.jpg
後輪が 直せないほど振れているということで
他店(どこかは訊いてないけど たぶん奈R県)で
匙を投げられたホイールです。
前輪は ちょっとした振れ取りで済みました。

後輪ですが、確かに顕著な横振れがあり
リムが反っていること自体は間違いありません。
私も「もうこれ無理です直せませんすいません」と匙を投げるのは
早いほうなのですが、悪あがきを試みました。
結果、一応は縦横振れほぼ無しで
スポークテンションのばらつきも ひどい箇所が無い
(普段やらないテンションの全数検査をして お客さんにも見てもらってます)
状態にはできたので リム交換無しで引き続き使えるようにはなりました。

固着予備軍のニップルが多く、
締められないけど かろうじてゆるむニップルをゆるめ切って
ねじ山を洗浄したのが2ヵ所あります。

リムが かすかにでも反っていれば ホイールに組めないか、
テンションが異常に抜けたスポークが出るものですが
今回は ギリギリ直せる状態でした。

最も大きな横振れの直下のスポークを調べると
だいたい変形があるものですが、
今回の場合 変形しているのはリムなので
曲がっていたスポークはありません。
それとビードフックの変形を まず見ます。

以上、これは3日ほど前の話ですが
DSC05596amx6.jpg
今日 別件で同じ年代のレーシングゼロをお預かりしました。
R甲山で落車して 振れが出たそうです。
これも どこか近所のショップで見てもらったところ
直らないと言われたそうですが

DSC05594amx6.jpg
DSC05595amx6.jpg
これくらい振れていました。
ビードフックの凹み無し、スポークの変形無しなのと
先日直した冒頭の後輪も 当初は これくらいの振れだったので
匙の即投げをせず頑張ったのですが、
直りませんでした すみません。
横振れを取ると、フリー側のスポークを
手でカタカタ揺らせるくらいまで ゆるめないといけない位相があり
スポークテンションのバラつきが発生します。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3423-a2484633
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター