のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

キシリウム プロ カーボン SLさん  

お客さんから キシリウムのカーボンチューブラーリムモデルをお預かりしました。
DSC06277msn.jpg
DSC06283msn.jpg
「キシリウム」の指すところはアルミスポークではなく、
イソパルス(フリー側ラジアル組み)なので
これも そうなっています。

DSC06270msn.jpg
DSC06271msn.jpg
まずは前輪から。
センターずれごく軽微で 振れほぼ無しなので、
片側偏重の振れ取りをすれば簡単に直ると思っていました。

DSC06272msn.jpg
ねじれていたスポークが多かったので、
スポーク押さえ工具をかけて スポークを軽くひねった瞬間、
パキーン!と音がしました。
どうやら、スリットの奥にスポークヘッドが収まりきっていない状態で
テンションをかけて ホイール組みをしている
ようです。
上の画像、斜めになっているスポークが それですが、
隣のスポークもスリットに収まりきっていません。

DSC06274msn.jpg
↑ここですね。

DSC06276msn.jpg
↑間違った状態
DSC06275msn.jpg
↑正常な状態
こちらも、スポークを軽くひねると
スポークヘッドがあるべき位置に収まりました。
で、ほぼ振れ無しだったはずなのに ひどい横振れが出ています。
怖がらせたいわけではないのですが、これを未点検で使った場合
もがいた瞬間にハブから異音がし、以降 無負荷でも
シュータッチするほどの横振れが出ることになると思われるので
非常に危険でした。

同じハブのホイールをお使いの方は いま一度ご確認ください。

DSC06279msn.jpg
DSC06280msn.jpg
後輪はかすかなセンターずれありで ほぼ振れ無し、

DSC06282msn.jpg
DSC06281msn.jpg
直りました。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3518-85333bc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター