のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

WH-RS11さん  

当店で販売する完成車に付属していたホイールです。
DSC06346amx6.jpg
DSC06347amx6.jpg
RS21は知ってるけど RS11って何だ?という方もいるかもしれません。
完成車メーカーにのみ卸しているホイールで、
これ単品の販売はありません。
ということはオークションで転がっているこいつらは
ことごとく完成車の外し品ということになるな!


シマノのホイールは、最初のモデルから全てマレーシア工場で組まれていますが
4段階ある組み手の格付けのうち最上位の者しか
デュラエースグレードのホイールを組めないことになっています。
逆に言えば それ以外のホイールは未熟練工の練習台ということになります。
乗り手だけでなく組み手にとっても「練習用ホイール」ということでしょうか。
最終的な検品のレベルが同じなら
下位グレードのホイールの精度がひどいということにはならないはずですが、
どういうわけだか事実そうなっています。
まともに組まれたRS11もあれば
精度的にハズレなデュラエースホイールもありますが、
全体の傾向としてはデュラエース以外のホイールの組み立て精度は低めです。
材料(とくにリム)のせいで きれいなホイールが組めないというわけでもありません。

前後輪とも振れありで、とくに後輪がひどく
暫定センターは位相によって ドンピシャまたは
リムが反フリー側に寄っていると判定されます。
全体としては反フリー側に寄っているのでしょう。
吊るしのハズレのデュラエースよりは
はるかにまともな状態まで追い込めました。

シマノホイールに限らず、
「完組みホイールは 9分組みくらいの半製品」だと思えば腹も立ちません。
お客さんに渡る前に何とかすればいいだけです。

DSC06349amx6.jpg
リヤリムはオフセットリムで、バルブ穴が斜めに切られたようになっています。
リムの内周側の頂点に平面があるので
DSC06351amx6.jpg
バルブナットを締め込んでも 線ではなく面で接触はしていますが、
これは反フリー側からの見た目で
DSC06350amx6.jpg
フリー側はこうなります。

DSC06352amx6.jpg
バルブカタカタ音防止テープにしました。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3522-7b7bf25d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター