のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

CC40Tさん  

お客さんから コスミックカーボン40チューブラーをお預かりしました。
DSC07027amx6.jpg
DSC07025amx6.jpg
2年ほど使っているとのことです。
何となくヨレる気がする、ハブの回転が重い、
フロントリムに何か入っている、とのことです。

まずスポークテンションですが、
元からなのか経年使用でタレたのかは不明ですが
ややヌルめだったので 前後輪とも振れ取りとは別に張りました。
といっても 元の状態でも吊るしの状態の下限は超えています。
DSC07020amx6.jpg
DSC07021amx6.jpg
これは後輪ですが、前後輪とも うっすらセンターずれありのところ
これのセンター出しだけでは 大した増し締めにならないので

DSC07023amx6.jpg
DSC07022amx6.jpg
センター出しの増し締めとは別に張りました。

つづいて ハブの回転ですが、前後ハブ体+フリーボディ端の計5個とも
ベアリングに傷みや濁りはありませんでした。
フロントハブは玉当たりが やや締め過ぎ、
DSC07018amx6.jpg
リヤハブは フリーボディの回転に引っかかり感があったので、
爪周りの汚れの帯を拭いて 洗浄したフリーボディに専用のオイルを差したところ
回転がスムースになり 音も変わったので
これでいいかと思います。
元から入っている接触式シールのベアリングを非接触式に交換すれば
回転は軽くなりますが、ベアリングの耐久性が著しく落ちるのでオススメはしません。
「マヴィックのハブは回転が重い」という人もいますが、
メーカー側も分かって あえてやっていることなので当然です。
そのメーカーの考えで 耐久性やメンテ頻度が
シールの抵抗より重要な要素だと考えているというだけのことです。

DSC07026amx6.jpg
フロントリム内の異物ですが、リムセメントのカスに ステッカーか
バルブエクステンダーの防水シールが巻き付いた物体が入っていました。
このリムのバルブ穴は、外周から内周までパイプが通っている仕様なので
バルブエクステンダーの接合部に巻いたシールが
リム内に落ち込むことは ありません。
なんにせよ回収できてよかったです。
リム穴の直径より 異物のほうが長いので、
ちょっと振ったりした程度では落ちません。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3606-38f361c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター