のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

スピード55C祭り(予定)について  

お客さんから ボーラウルトラ35と50をお預かりしました。
DSC07151msn.jpg
DSC07150msn.jpg
同じお客さんのホイールです。
35の後輪に かすかにセンターずれがあったくらいで とくに問題はありません。

という件とは 関係が無いのですが、
過去に当店で「フルクラムカーボンWOホイール祭り」などと称して
レーシングクアトロカーボン、レーシングゼロカーボン、スピード40Cの順で
勝負をかけてきました。

フルクラムの新グレード「スピード」は、
チューブラーの「T」がCULTベアリングで40mm高と55mm高、
クリンチャーの「C」がUSBベアリング(※)で40mm高のみ、
となり カンパニョーロのボーラより5mmずつ リム高を高くした点も
フルクラム独自の差別化ポイントとなっています。

※この書き方だと
ウルトラスムースベアリングベアリングとなりますが、気にしてはいけません


で、2018年モデルとして ラインナップから欠けていた
クリンチャーの55mm高モデルの「スピード55C」が
出ることが決まっているのですが、
いろいろ事情があって価格的に厳しいということが分かりました。
まず、チューブラーもクリンチャーも
ブレーキゾーンに処理を施した「AC3リム(→こちら)」に一新されます。
次に、9月1日からフルクラム製品の価格が全般的に値上げされますが、
新スピードは まだ出回ってもいないのに
値上げ後の価格が適用されることになります。
以下、価格はすべて税別定価ですが
レーシングゼロ 115500円→137000円
同ナイト      151000円→166000円
同コンペティツィオーネ 158000円→174000円
同カーボン         240000円→未定
と値上がりします。
レーシングゼロカーボンの新価格は未定です。

9月1日までにフルクラムを仕入れておいて、
新価格が適用されてから 見かけ上の割引率をうんぬん・・・というのは
これをここに書いている時点で いくつかの企みごととして
すでに進めています。
ここには書けないような内容なので、ここには書きませんが。

で、肝心のスピードですが
スピードはCかTかだけで価格が決まるのであり
リム高では価格が変わらないという法則があります(いまのところ)。
スピード40Cと55C、40Tと55Tのそれぞれの定価は同じということです。
で、2017年モデルの価格ですが
40C(USB)      242000円
40T/55T(CULT) 321000円
と なっていました。
ベアリングの違い以外に ハブ胴がアルミかカーボンかが違う、
と言いたいところですが それはリヤハブだけで
40Cのフロントハブはカーボン胴です。
となると、リヤハブ胴の材質と ベアリングの違いで
約8万円の価格差があるということになり、
T基準で見るなら Cは価格的にお得というアピールが出来ました。


これが、AC3リムになった 2018年モデルでは
40C/55C(USB) 336000円
40T/55T(CULT) 354000円
となります。
見ての通り、これはキツイです。最初、見間違いかと思いました。
あるいは、CもCULTベアリングになったのかと。
調べましたが 間違いなくUSBベアリングです。

スピード55C祭りをするとして、当店にお持ち込みされる
クリンチャーのボーラ35と50の ぼんやりした統計から
どのくらいの数一気に仕入れて勝負をかけてもいけるか
ある程度の試算はあったのですが、
それはスピードCがボーラワン的価格帯にあってのことです。
あと、売る側の都合になりますが 新スピードは色の展開が
従来でいうところのダークラベルに相当するような感じの
仕様のみとなるので その点では助かります。


ちなみに、9月4日にカンパニョーロとフルクラムの
スペアパーツの価格が改定されますが、
カンパニョーロの製品そのものの値上げは
いまのところ予定されていません。
ここで、ボーラワンの税別定価を
2017年従来リム→2018年AC3リム で書き出すと
35/50チューブラー 232000→248000円
35/50クリンチャー 261000→279000円
となり、
スピード40Cの242000→336000円の値上げ幅が
どれだけ大きいのかが分かります。

フルクラムはカンパニョーロと違いフリーボディの仕様で価格は変わりませんが、
カンパニョーロのホイールはシマノ用フリーボディになると1000円アップします。
上記の価格はカンパニョーロ用フリーボディのものです。

以上のような事情から、スピード55C祭りは 値頃感的にも
ちょっとつらそうなので やらないかもしれない、という話でした。
という前フリをしておく。

レーシングゼロ、同ナイト、同コンペ、同カーボン、あと旧スピード40Cの
問屋さん在庫は完売終了なので
流通在庫を除いて旧価格では買えません。どうして急に無くなったんだろう(棒読み)。
先日のXLR35(→こちら)も 実は今回の仕掛けの一環でした。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3650-27f207d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター