のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

BHのシクロクロスを組んだのですが  

ドリルがうなる!
↑これはお決まりの口上であって、今回 実際にうなったのは おもにリューターです。
DSC00142amx8.jpg
BHのシクロフレーム、RXチームを組みました。
このフレームセット、適合ハブはフロント100mm・リヤ135mmのクイック、
ディスクブレーキ台座付きではあるものの カンチブレーキ台座用の穴があり
台座も付属するのでリムブレーキにも対応、
BBの規格はBB386で、圧入式ベアリングと
シマノクランク用のアダプターも付属しているので
対応クランクであればBB小物を買う必要無し
(余計に出費がかかるのは スラムの24/22mmクランクか
カンパニョーロにする場合くらい)、
と至れり尽くせりの仕様となっております。

追記:3件くらいコメントをいただきましたが、
BB86ではなくBB386です。訂正しておきました。

DSC00143amx8.jpg
今回はフロントシングルギヤと
DSC00146amx8.jpg
機械式ディスクブレーキで組んでいます。
このTRPのSPYREというブレーキ、パッドが自社規格ではなく
シマノのE01Sというパッドとコンパチブルなのが優秀です。
新スーパーSLR(現行のシマノのロードブレーキの力率)とも合っており
パッドタッチ以降の握り込みで ブレーキレバーが どこまでも
ぐにゅ~んと引けてしまう症状もありません。

この「フロントシングル且つディスクブレーキ」というのが 今回のポイントです。

DSC00147amx8.jpg
DSC00148amx8.jpg
リムブレーキではないので、トップチューブの前後にある穴は使いません。
フレームに付属していた 専用のフタで塞いでいます。
それ以外の この穴用の小物ですが、
DSC00149amx8.jpg
↑シフトアウター用
DSC00150amx8.jpg
↑ブレーキアウター用
DSC00151amx8.jpg
↑電動用
があり、単なるフタと合わせて4種類あります。

DSC00183amx8.jpg
ここで要注意なのが、
ブレーキアウターは5mm径、シフトアウターは4mm径で
アウターキャップを取り付けると いずれも6mm径になるということです。

DSC00184amx8.jpg
このフレームに付属しているシフト用の小物は、
キャップ無しで直接 突っ込むサイズになっています。
6mm穴と4mm穴があるということですね。

DSC00182amx8.jpg
トップチューブの前後、ダウンチューブの左右、右チェーンステーの計5ヵ所に
どのような組み合わせであっても足りるように小物が付属しています。
具体的には6mmが2個、4mmが3個、電動が2個、フタが3個です。

DSC00144amx8.jpg
なので、今回の仕様でセオリー通りに組むと
ダウンチューブは左がフタ 右が4mm、

DSC00145amx8.jpg
チェーンステーが4mmとなりますが、これがちょっと気持ち悪いのです。

DSC00169amx8.jpg
↑これは別件での画像ですが、
シフトアウターの端が剥けて鋼線の巻きが爆発しています。
これをなるべく避けたいので 私は
「シフトアウターを金属製のアウターキャップで受け止めたい」のです。
もちろん、仕様上 それが出来ないフレームも多々あります。

ジャグワイヤーでブレーキアウターと同じ鋼線の巻き方をしている
シフトアウターがありますが、あれは変速性能と耐久性のいずれをとっても
コンポメーカーの純正品には及びません。
完成車にアッセンブルされていることも多く 見るたびにゾッとします。

DSC00154amx8.jpg
あと、一旦組んでおいて なんですが
ダウンチューブ裏にブレーキアウターが這っているのも気に入りません。

DSC00155amx8.jpg
泥 めっちゃ噛みそう。

今回は、フロントシングル(=ダウンチューブ左の穴が空いている)で
ディスクブレーキ(=トップチューブ用の6mm小物が余っている)ということから
これらの問題が解決しました。
不可逆加工があるので 事前に お客さんの了承はいただいております。

DSC00152amx8.jpg
BB裏は、専用のフタが ねじ止めになっており
電動コンポの場合は これだけですが

DSC00153amx8.jpg
機械式コンポの場合はワイヤーリードと共締めになります。

DSC00157amx8.jpg
ダウンチューブ裏のブレーキアウターを内蔵式に変更しました。

DSC00161amx8.jpg
裏のフタは、このように加工しています。

DSC00162amx8.jpg
ダウンチューブ左側の小物は、電動用のものにグロメットを付けて
ブレーキアウターを通しました。
このグロメットはコンポメーカーやフレームの付属品などではなく、
私が別に用意したものです。

DSC00164amx8.jpg
DSC00165amx8.jpg
ディスクブレーキなので、6mmの小物が2つ余ったのを
金属製アウターキャップ有りのシフト用として転用できました。

フロントシングルなので 6mmは2つで足ります。

DSC00166amx8.jpg
リヤブレーキアウターの軌道が変わったので
保護ステッカーの位置を変える必要があります。

アウターとフレーム接触点に取り付けるチューブ状のパーツは、
フレームに対するダメージが幾分か軽減されるのは確かですが
間に砂を噛んで動きがあれば フレームに擦れ傷が付くのは同じなので、
気になるなら 保護ステッカーを貼りつける以外に手はありません。

DSC00167amx8.jpg
ダウンチューブ裏が かなりすっきりしました。

DSC00168amx8.jpg
セオリー通りに組むよりは 掃除がしやすいはずです。

このフレームは 必ずしも こう組むべき!というわけではないのですが、
小物の余り具合からして もしこれが私物なら
きっとこうするだろうなと思ったので お客案に提案させてもらいました。

category: ドリルがうなる!

tb: 0   cm: 2

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2017/09/09 22:46 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2017/09/13 14:57 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3674-5cf90aa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター