のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

ADX1-Sリムからアサルトリム(レイノルズではない)に組み換えました  

今日もホイー(以下略)。
DSC00186amx8.jpg
お客さんからアラヤのADX-1Sで組まれたホイールをお預かりしました。

DSC00187amx8.jpg
ハブは前後とも7700の28Hスリット穴仕様のもので、
前輪は DTの扁平エアロスポークで反ヌポークラジアル組みになっています。

DSC00190amx8.jpg
このリムはエアロ1ではなく、カマボコワッシャーが不要な後継モデルです。

DSC00189amx8.jpg
フロントタイヤはバックリと割れていたので再利用不可です。
ヴィットリアのチューブラータイヤのお名前欄は
経年劣化でこうなることがよくあります。

DSC00191amx8.jpg
お客さんお持ち込みのアサルトで組み換えました。

DSC00192amx8.jpg
リム内径がADX-1Sより かすかに小さいくらいなので、
スポーク長さを0.5mmほど詰めれば使い回しが可能です。

ここでいう0.5mm差は 私が過去に組んだ
ADX-1Sとアサルト(どちらも履歴あり)の
リム内径実測値から出したものですが、
使い回しを実現するには組み換え前のスポーク長さが
ニップルの端面とツライチ程度になってくれている必要があります。
あるいは、やや短めで すり割りのあたりで終わっていてくれると助かります。
組み換え前のスポーク長さは端面ツライチちょうどになっていたので
スポークを0.5mm詰めればいいのですが・・・

DSC00193amx8.jpg
スポークのねじ山終りとバテッド始まりの位置が非常に近く、
扁平部分が ねじ山転造の平ダイスにかかってしまうので
加工が出来ません。
仕方なく、スポークがうっすら長いのを承知で そのまま使い回しました。
ニップルからすぐに扁平部分が始まっているのは
組み換え前も同じようなものです。

金リムなので、金ニップルにしています。
もちろん勝手にやったわけではなく お客さんの希望です。

あと、アサルトといってもレイノルズのそれではなく
サンのリムです 念のため。

DSC00194amx8.jpg
続いて後輪。

DSC00195amx8.jpg
アサヒの扁平エアロスポークで 28Hロクゼロ組みになっています。
反フリー側ラジアル組みがヌポーク通しなのは面白いですね。
前輪と違い、フリー側のスポークのねじ山側のプレーン部分が長めだったので
6本組みの長さを4本組みに切り直し、反フリー側をCX-RAYの6本組みにして
左右異径のヨンロク組みというのも考えたのですが、
チェーン落ち(たぶん)で曲がっているスポークがあったので 使い回しはやめました。
あとどうでもいいことですが、反フリー側のスポーク長さが長すぎでした。

DSC00196amx8.jpg
組めました。

DSC00197amx8.jpg
半コンペヨンロク組み結線ありです。

組み換え前の28Hロクゼロ組みというのは
左右のバランス的には ほとんど最悪に近い組み方ですが、
実際、反フリー側のたわみがスポークの寸法からは考えられないくらい
大きかったので驚きました。
私がそういう組み方をすることは もはや無いので 勉強になります。
フリー側に極端にリムが寄る形でセンターがずれている・・・というのは
無いかと思います。バラす前に調べたわけでは無いですが。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3675-1f49d487
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター