のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

東京に行ってきました  

のっぴきならない用事があり 日帰りで東京に行ってきました。
DSC00488amx8.jpg
LOOKの2018年モデル、785HUEZ(ヒュエズ) RSが気になります。

これとは別に 鯛焼きの型を同じくする
HUEZ(RSではない)というモデルがあり
Sサイズの公称重量がフレーム990g+フォーク350gで
105コンポ完成車の税別定価が32万円、と それはそれでお得なのですが

HUEZ RSは Sサイズの公称重量がフレーム730g+フォーク280gで
フレームセットでの税別定価が38万円、と 軽さに振り切った仕様になっているので
超軽量山岳決戦バイクを組む材料の候補になりえます。
フラッグシップモデルというわけではないので
お財布の軽量化についても むしろ優しいほうです。

最小サイズ以外のヘッドチューブ長が長め
(というか586以降のLOOKはだいたいそう)ですが、
上位モデルだと自社規格のステムが前提の設計であるところ
HUEZ系は汎用ステムなので ポジションの自由度はそれほど狭くなく
軽量ステムも選べます。
LOOKからも 100mmで公称108gのステムが出るので
十数gの軽量化より 見た目の調和を取るのであれば それでも十分です
(上の画像の実車に付いている「LS1」というステムが それです)。

シートポストも27.2mm径の汎用品が使えるので、
サドルポジションで困ることは まず無いでしょう。
もちろん私なら 実測100g未満の、節操のない棒きれを突き刺します。

追記:「雑誌などでもヒュエズという表記になっていますが
フランス語はHを発音しないのでユエズが正しいと思います」
というコメントをいただいていますが、
実はカタログのほうでもヒュエズ以外に「ユエ」という読みを併記しています。
昔、クレメン(ヴィットリア傘下になったゾンビブランド)のタイヤのモデル名を
当時の輸入代理店が ガビア、ガリビエなどと カタカナ表記にしていましたが
そのなかにツアーマレットというモデルがありました。
ガビアもガリビエも峠の名前なので、
ツアーマレット(Tourmalet)も 一般に呼ばれている
ツールマレーのほうが より正確だと思うのですが、
こういうのは輸入代理店の呼びに従うのが無難です。
ツールドフランスのリーダージャージのマイヨ ジョーヌ、
あれは大昔マイヨ ジョンヌ、マイヨー ジョンなどの表記ゆれが
けっこうあったのですが マイヨジョーヌに定着させたのは
カメラマンの井上六郎さんだったと記憶しています。
こんなことを言い始めると「外国語を正確にカタカナ表記するのは無理だ!」
という面倒な論調になりかねませんが。


新大阪に戻って まず気付いたのは、
大阪と東京では エスカレーターの空ける側が違うんですね。
DSC00489amx8.jpg
DSC00490amx8.jpg
おみやげに 東京ばな奈を買いましたが、
新大阪駅で あわてて思い出して買ったと思われたくないので
大阪で売っていない限定品(たぶん)にしてみました。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 4

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2017/09/28 00:02 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2017/09/28 00:07 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2017/09/28 01:14 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2017/09/29 02:49 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3708-1686be83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター