のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

CC40Tさん  

お客さんから コスミックカーボン40チューブラーの前輪をお預かりしました。
DSC00504amx8.jpg
上の画像は、ハブシャフトを抜いて折れたスポークを回収した状態です。

レース中の落車で ホイールが踏まれて スポークが折れたとのことです。
購入店(ということはマヴィックの取り扱いあり)に相談したところ
「ハブがダメなら どうにもならない」と言われたそうで、
フランジのスリットが ちぎれ気味になっているのであれば 確かにその通りです。

DSC00502amx8.jpg
ハブフランジ外側の輪郭に全く変形が無いわけではないですが、
スポークヘッドを受けている部分は問題ないので、
リムさえ無事なら直りそうです。

DSC00501amx8.jpg
石臼状態で削れた粉が付着していたので
DSC00503amx8.jpg
エアーガンを噴きました。

DSC00498amx8.jpg
DSC00499amx8.jpg
↑折れたスポーク

DSC00505amx8.jpg
折れたスポークと同じ側の
DSC00506amx8.jpg
隣のスポークが 扁平方向が90°回った状態で
DSC00507amx8.jpg
打痕もあり かすかながらベコベコ、
DSC00512amx8.jpg
その隣のスポークも かすかに くの字に曲がっています。
テンションがかかっている状態で分かるくらいなので
軽微な変形ではありません。

DSC00511amx8.jpg
さらに その隣のスポークは なぜか無事で、
その隣から 2本続けて曲がっていました。

DSC00509amx8.jpg
↑折れたスポークの隣
DSC00510amx8.jpg
↑そのまた隣

DSC00514amx8.jpg
結果、片側8本中5本の交換となりました。

DSC00515amx8.jpg
DSC00516amx8.jpg
直りました。
交換したスポークは目印のテープを貼ってあります。
作業のほとんどは この5ヵ所のニップルしか触っていません。
もしリムがダメなら どうしても直させてくれないのですが、
振れが新品同様に追い込めたので 問題なさそうです。
ダメージの方向や強さにもよりますが、今回の場合は
もしアルミリムだったら再使用不可だったかもしれません。
場合によりけりですがフレームやホイールは
カーボンのほうが かえって壊れにくかったりすることもあります。

ていうか 購入店、この程度の状態なら
どう見ても「直りそう」なんだから 直せよ。

もしこれがダメだった場合は のむラボホイール2号の前輪をご所望でしたが
今回は 残念ながら直ってしまいました。
ちなみに、この修理と2号の前輪を組むのは 同じくらいの手間です。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3710-be9f8a89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター