のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

続・サピムのニップルについて  

サピムのCX-RAYを仕入れました。
DSC00491amx8.jpg
わりと まとまった数です。
いつもはもっと小まめに仕入れるのですが、
問屋さんで長期欠品していた長さの補充もあるので 今回は多めです。
CX-RAYの問屋さんの取り扱い長さは偶数の2mm刻みで、
私は252~276mmまでは6mm刻み
(252・258・264・270・276)、
それ以降は280~300mmまで4mm刻み
(280・284・288・292・296・300)、
あと、また6mmとんで306mmの計12種類の長さを
銀と黒で常備するように努めています。

カット可能な限界は8mmくらいでしょうが内規で6mmにしています。
これで246~306mmのスポークが全て得られることになりますが、
300mmが長らく欠品していたので
299mmは302mmをイレギュラーで仕入れて対応していました。
300mmと302mmからそれぞれ作った299mmを
混ぜて使うことは やりません。
バテッド部分とプレーン部分の割合が変わるのが嫌だからです。

DSC00492amx8.jpg
で、黒スポークの一部に黄色い袋入りのニップルがありました。
以前に、黄色い袋入りの銀ニップルが12mm長さのものになっている
と書きましたが(→こちら)、

DSC00493amx8.jpg
今回の黄色い袋の黒ニップルは間違いなく 14mm長さで、
従来のものと同じです。
ややこしい。黄色い袋は12mmじゃなかったのか。
銀ニップルでしか見たことが無いとはいえ
この例までは100%「黄色い袋=12mm」だったのです。

DSC00494amx8.jpg
14mmニップルだったので それ用の容れ物に混ぜました。
この容れ物に14mmニップル以外の異物を入れたくないのです。

DSC00495amx8.jpg
根元の部分の球体関節的な形状「だけ」でいえば
DTより優秀なのですが、使う気がしません。

DSC00496amx8.jpg
さらにややこしいのは、今回仕入れた銀スポークの中にも
黄色い袋があったのですが、
DSC00497amx8.jpg
こちらもなぜか 従来通りに14mmでした。
この前と違う結果です。

なので今後は、袋の色に関わらず 長さを見極めることにします。

category: スポークの話

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3711-aa7ef4eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター