のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

のむラボホイール1号を組みました  

今日もホイー(以下略)。
DSC00688amx8.jpg
のむラボホイール1号を組みました。
数量限定 裏メニューの金リムです。

DSC00689amx8.jpg
前輪はエボライトハブ20H CX-RAY反ヌポークラジアル組み、

DSC00690amx8.jpg
DSC00691amx8.jpg
後輪はエボライトハブ24H 半コンペヨンロク組みです。
結線は あとでやります。

DSC00692amx8.jpg
お客さんの希望で 基本は銀スポーク銀ニップル、
バルブ穴の隣のみ黒スポーク黒ニップルにしました。
ホイールを右から見たときに反時計回りに隣を 黒にしていますが、

DSC00693amx8.jpg
そのときに右側のスポークが黒になるのは穴振りが正リムだからです。
フルクラムのホイールで 同様の法則で おしゃれ泥棒をした場合
スポークが左側になるのは フルクラムのフロントリムが逆リムだからです。
リヤリムは2:1の穴振りなので 正リムとも逆リムとも言えません。

フロント右とリヤ右(つまり フリー側)を黒にしたのは、
反フリー側の結線を銀スポーク同士でしたかったからというのも理由です。

DSC00694amx8.jpg
DSC00695amx8.jpg
のむラボホイールの金リムの裏メニューは
4号の24Hと 1号の20・24Hでありますが、
なぜ5号でやらないのかというと スポークテンションがかかったときに
リム穴に しわが寄るのが目立つからです。
上の画像がそれですが、普段の1号のスポークテンションと同じで組んでいます。
黒アルマイトでも これが発生しているはずですが、
色の隠蔽力が高いので分かりにくくなっています。
5号のリムはスポークテンションによる内周側へのひずみが
1号のリムより明らかに大きいので、黒リム以外では組みたくないのです。
銀リムで組んだことは何度かありますが。

category: のむラボホイール

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3729-52048ba2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター