のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

3人の刺客  

久しぶりに手こずった仕事です。
DSC03280amx.jpg
同じお客さまからカーボンの後輪ばかり、3つまとめて
組み換え依頼があったのですが 色々と苦戦しました。

DSC03234amx.jpg
まずは20mmから。

DSC03235amx.jpg
ブラックCX-RAYをヨンゼロ組みしています。
フリー側は逆イタリアン組み、反フリー側のラジアル組みは反ヌポーク通しです。

これはローハイトリムで かなり軽いリムですが、
「持って軽い」の単純追求ではなく軽い外周部をぶん回す剛性重視ということで
あえてのDTコンペへの組み換えをご希望でした。
あまりにも男前な逆張りです。
ホイールがヌルいのは反フリー側ラジアル組みのせいだと思うのですが、
それの是正に加えて あえてスポークを太くするという選択が
玄人っぽくていいですね。

DSC03286amx.jpg
組み換えました。

DSC03287amx.jpg
DTコンペのヨンロク組みです。


DSC03237amx.jpg
つづいて38mmです。
28Hというちょっと多めのスポーク数です。

DSC03239amx.jpg
ブラックCX-RAYヨンゼロ組みで 反フリー側ラジアル組みは
反ヌポーク通しですが、なぜかこちらはフリー側がイタリアン組みです。

DSC03288amx.jpg
組み換えました。

DSC03289amx.jpg
シルバーCX-RAYヨンロク組みです。
3つの中で、このホイールがスポークテンションの左右差の是正に関して
出色の出来でした。
全て結線する予定ですが、これに関しては要らないかもというくらいです。
もともと剛性感は悪くなかったのですが、さらに良くなっていると思います。


DSC03240amx.jpg
最後に50mmです。

DSC03241amx.jpg
やっぱりヨンゼロ組みですが、今度はまたフリー側が逆イタリアン組みです。
しかも反フリー側ラジアル組みがこれのみヌポーク通しです。
一貫性の無さに、実験的な何かを感じます。

「スポークテンションが緩い」とお客さんが書いていましたが
すいません、失礼を承知で言います。
組みかけのホイールかと思いました。
それぐらい緩かったです。

これについてはフリー側のスポークを(可能なら)再利用ということで、
その場合 左右でスポークの色が違ってもいいということでした。
再利用については 出来そうなのでしますが、
DSC03279amx.jpg
逆イタリアン組みの修正があるので 全部ほどかないといけません。

DSC03295amx.jpg
それ以前に、ハブを換えているので どのみち いちから組み直しなのですが。
20mmと38mmは同じハブですが、
50mmのハブのみ かなりナローフランジなものだったので
Tniのエボリューションハブに換えました。
そもそものハブもハイローフランジ具合が美しいので惜しいことです。

DSC03292amx.jpg
組めました。

DSC03293amx.jpg
ヨンロク組みのイタリアン組みです。
今回は全部そうですけども。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/398-c39c2b02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター