FC2ブログ

のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

ENVEの4.5 ARディスクリムで後輪を組みました  

今日もホイー(以下略)。
DSC07085amx9.jpg
先日の続きです。ENVEの4.5 ARディスクリムで後輪を組みました。

DSC07086amx9.jpg
ハブは前輪と同じくニューメンの
エボリューション SL ストレートプル CLです。
142/12mmの24Hという仕様で

DSC07088amx9.jpg
左右2クロスなのはハブの意向なので どうしようもありませんが
最終交差は左右とも編みました。
反フリー側のみ あとで結線します。

DSC07089amx9.jpg
フリー側のスポークは カンパニョーロ ボーラのスクエアエアロ、
DSC07090amx9.jpg
反フリー側のスポークは 黒CX-RAYストレートにしました。

左右CX-RAYだと このリムの吊るしのホイールと大差ない出来になるのは明白、
かといって フリー側14番プレーンは左右差を取りすぎ(もし20Hなら そうしてます)、
しかしコンペ/レース相当のスポーク比重85%前後の丸バテッドスポークで
ストレート仕様で安定供給されているものが無い、というわけで
完組みホイールのスポークから近い長さのものを探したところ
ボーラ用のストレートスポークで ちょうどいいものがあり
長さを わずかに切って作りました。

といっても 実はボーラのスポークはCX-RAYと縦横の寸法が ほぼ同じなので、
スポーク比重の差は スクエア(四角断面)エアロと
エリプティック(楕円断面)エアロの違いの分しかありません。

DSC07084amx9.jpg
↑こういうことです。
左右とも組み方が同じですが 後輪のオチョコにより約2mm、
リヤハブのハイローフランジにより約2mm
反フリー側のスポークが長くなる理由があるので
合わせて約4mm弱 反フリー側のほうがスポークが長いのですが、
スポーク片側12本の束の重量は
長い反フリー側のほうが むしろ うっすら軽いという結果になりました。
かすかながら 正の左右異径組みになっているわけです。

DSC07080amx9.jpg
↑画像上がCX-RAY、下がボーラのスポークです。
DSC07081amx9.jpg
CX-RAY(エリプティックエアロ)
DSC07082amx9.jpg
ボーラのスポーク(スクエアエアロ)

DSC07083amx9.jpg
ボーラのスポークで 長さが合えば なんでもいい、というわけではありません。
リヤ右のスポークである必要があります。

DSC07091amx9.jpg
ゾンダやボーラなどの フロントとリヤ左の組み方はラジアル組みですが、
これらのスポークは 扁平方向が横を向くことが起きにくいように
スポークヘッドの部分にツブシが入れてあります。
なので 通常のストレートプルのハブに流用はできません。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/4295-852153c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター