FC2ブログ

のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

初代レーシングゼロさん  

お客さんから レーシングゼロの後輪をお預かりしました。
DSC07174amx9.jpg
色の仕様まで含めた本当に最初の初代レーシングゼロは
リム/スポーク/ハブが すべて赤ですが、
この黒/赤/黒は あとから出た色違いの仕様で、色以外は初代と同じものです。

DSC07175amx9.jpg
リヤメカを巻き込んだとのことで、
ヤマアラシさん方向のスポーク(外側のスポーク)が
7本すべて折れています。

DSC07176amx9.jpg
一撃目は このスポークのようです。

DSC07177amx9.jpg
反ヤマアラシさん方向のスポークに
反っているように見えるものが1本ありましたが、
変形ではなく ハブが回転方向に少しねじれていたせいで
弓なりになっていただけでした。

DSC07178amx9.jpg
直しました。
赤ネクタイスポークの在庫が足りなかったので取り寄せています。

DSC07279amx9.jpg
初代レーシングゼロの赤スポークは長さが2種類あり、
R0F-SR(レーシング ゼロ フロント-スポーク レッド)と
R0R-SR(レーシング ゼロ リヤ-スポーク レッド)となります。
後輪が左右同じ長さのスポークになるのは もちろん偶然ではなく
そういうハイローフランジ具合に設計してあります。

シマノの最初の完組みホイールのWH-7700も同じことをしていますが、
WH-7701では フリー側ラジアル組みをしたので
スポーク長さは フロントとリヤ右とリヤ左の3種類になりました。

で、スポーク1本入りの包装ですが 以前は平たい封筒状の袋だったのが
現状ではフロント16本入りセットや リヤ21本入りセットのときと
同じ大きさの箱に入って届きます。
こちらのほうが 同じスポークをまとめるのに便利です。
そういえば昔に フルクラムの赤アルミスポークを「取り寄せた以上 買え」と言って
売りつけたクソショップの件がありましたが(→こちら)、
あの件が無ければ 今回の赤ネクタイスポークの修理は
スポークの取り寄せで お客さんに待ってもらうことは無かったですな。

DSC07180amx9.jpg
メガハイローフランジ以前のリヤハブは、内側のスポークを交換するのに
最初の交差で重なっている外側のスポークを一旦外す必要があります。
が、今回は外側のスポークだけがダメだったので
そういう手間は かかりませんでした。

DSC07274amx9.jpg
↑交換したスポーク

DSC07275amx9.jpg
一撃目は大きな変形がありますが、
DSC07276amx9.jpg
他のスポークはそうでも無いので ペンチか何かで切ったのか
お客さんに訊いたところ とくに何も触っていないということです。

引き取りのときに聞いた話ですが、近所のショップでは
リムは衝撃が加わっているので要交換、スポークも全交換になるので
5~6万円かかると言われたそうです。あるいは現行品に買い換えろと。
「そのくらい貰えるなら やってもいいか」という感じで 一応 言ってはみるのでしょう。
あるいは現行品のレーシングゼロに買い換えとなれば
どうせ点検もせずに右から左に売るんでしょうが そうでなくとも
簡単に儲けられます。
まあ当店にお持ち込みされている時点で 信用されてないということになりますが。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2018/10/17 14:51 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/4314-dd1bbb8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター