FC2ブログ

のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

パワータップの後輪さん  

お客さんから パワータップハブで組まれた後輪をお預かりしました。
DSC07321amx9.jpg
組み換えではなく 振れ取りだけのご依頼です。
リムはアンブロージオのエクセルライトSSCで

DSC07322amx9.jpg
全コンペロクロクJIS組みです。
横振れは ほぼありませんでしたが、

DSC07319amx9.jpg
DSC07320amx9.jpg
センターが思いっきりずれていました。
反フリー側のほうが 軽い力で増し締めできるので
センターゲージ無しで下手くそがテキトーに振れ取りをすると
こういう状態になりがちです。
私には理解できませんが。

DSC07323amx9.jpg
ん?
DSC07324amx9.jpg
1ヵ所だけ異常に長いニップルになっています。
14番12mmしんちゅうニップルが手元に無くて
これが たまたまある状況というのが よく分かりませんが、
他の箇所と同じニップルに交換しておきます。
ちなみに これ以外のニップルは 3.2mm対辺のDTのもので、
このニップルは3.4mm対辺の国産メーカーのサイズでした。
完組みホイールメーカーが つかみ面が四角のアルミニップルを採用する場合
4mm(3.95mm)対辺のものを採用することが多いですが、
イーストンのチューブレスホイールだと 汎用サイズの範囲で
ほんの少しでも寸法を稼ごうとしているのか
3.4mm対辺のアルミニップルを採用しています。
というかこれ そのニップルそのものかもしれないですね。

DSC07326amx9.jpg
交換しました。

DSC07327amx9.jpg
↑交換したニップル
DSC07328amx9.jpg
↑元からあるニップル
スポークの長さは合っています。

DSC07329amx9.jpg
DSC07330amx9.jpg
センターも出しました。
フリー側のテンションが袋小路寸前だったので
反フリー側をゆるめて出すしかないのですが、
全コンペロクロク組みの反フリー側というのが 思いのほかヌルく、
反フリー側をかすかにゆるめるものの フリー側も張ることで
スポークテンションの総和を落とさないように、
リムをフリー側にスライドさせるような感じで出しました。
単にゆるめるだけで出すよりは かなりマシです。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/4329-f1cae20d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター