FC2ブログ

のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

アサルトの後輪を組み直しました  

今日もホイー(以下略)。
DSC02862amx12.jpg
お客さんから レイノルズのアサルトチューブレスの後輪をお預かりしました。
シュータッチを日常的にしているとのことですが、
リムとシューの間隔を詰めてもいなければ
ダイレクトマウントブレーキでもないということです。

お客さんは、これとは別に
過去に私が組んだ結線ありの後輪をお持ちなので
これを組み直した場合 どういう感じになるのかというのも ご存じです。

レイノルズのストレートスポーク用ハブ24H
全黒エアロコンプヨンゼロ組みですが、
この反フリー側のヌルさは ラジアル組みというだけでなく
リムがフリー側にずれているのだろう
(反フリー側の増し締めしろがあるはず)と思い 見てみたら

DSC02863amx12.jpg
DSC02864amx12.jpg
センターずれがありませんでした。
つまり、基本的には どうしようも無いということです。
センターを保ったままテンションを上げるならば
左右ともに増し締めすることになりますが、
ニップルの回転量あたりの リムの横移動量は
反フリー側のほうが大きいので、
フリー側が袋小路寸前であれば 反フリー側の増し締めは ほぼ無理です。

DSC02865amx12.jpg
というわけで 組み直しました。
組み直し前の時点でのセンターずれの有無に関わらず
組み直しは確定事項でしたが。

レイノルズの後輪については、
まずは増し締めを試みるという姑息的処置をとったものの
ほとんど変わらなかったので
結局 組み直す羽目になるということを 過去に何度もしています。
これはおもに お客さんの希望ではなく
私の都合だったりしますが、ほぼ確実に 二度手間になっています。

DSC02867amx12.jpg
ハブはお客さんお持ち込みのノヴァテックの482SLで、
エボライトハブと同等品というか OEM元です。
黒半コンペヨンロク組み結線ありで黒アルミニップルにしました。
組み直し前も 黒アルミニップルで
外周側からも回せる仕様のものですが、使い回してはいません。


DSC02868msn2.jpg
ホイールとは無関係な話ですが、
今回のホイールのお客さんがつけていた腕時計が
私も 持っているものだったので
ここに上げてみました。

DSC02870msn2.jpg
モデル品番は SARZ005で、
文字盤に セイコー5 スポーツとありますが
海外製セイコー5の逆輸入品ではなく、
日本製セイコーの中の1ブランドである「メカニカル」のうち
セイコー5のロゴをあしらったモデルとなります。ややこしい。
これとは別に ごく最近「5スポーツ」というブランドが出ていて、
そちらは ロゴも一新されています。

というか「メカニカル」というブランドは すでにありません。
機械式を含む普及価格帯のブランドは
ドレスウォッチが「プレサージュ」ブランド、
スポーツ系モデルが「5スポーツ」ブランドという展開でいくようです。

海外製セイコー5は 7S系のうち日付/曜日ありの
7S26というムーブメントであることが多いのですが、
これは ハック機能(リューズを引くと秒針が止まる機能)無しで
ゼンマイの手巻き機能もありません。

上の画像のモデル SARZ005は4R系のうち日付/曜日ありの
4R36というムーブメントで、
ムーブメントと紐付けされたほうの識別品番
(裏ブタにあるのは こちらの品番)は4R36-00E0となります。
4R系はハック機能あり、手巻き機能ありで、
海外製セイコー5は 表示可能な曜日の第2言語(第1言語は英語)が
アラビア語かスペイン語のどちらかであることが ほとんどですが
(スペイン語は スペイン向けではなく中南米の国向け)、
このモデルでは 曜日の第2言語が日本語になっています。

チュードル(最近 日本で正式展開を始めましたが、
公式表記はチューダーとなっています)の
20~30万円台のモデルで ゼンマイを手巻きしたときの感触ですが、
ロンジンやハミルトンの10万円台の機械式モデルと ほぼ同じような
ゾリゾリとした 音と重さがあります。
私が持っている範囲では ラドーやボールウォッチも ほぼ同じです。
別に それが悪いというのではないのですが、
「ああ 中身は ジェネリックというか汎用ムーブメントなのだなあ」
というのが分かります。
それと比べると4R系の手巻きの感触は
音も重さも シャリシャリとしていて軽く、
ロレックスのそれに似ていてさえいます。
↑これ書くの だいぶ迷ったんですが
実際に今 手巻きの感触を比べたうえで書きました。
こんなものが4~5万円台で手に入るんだから恐ろしい。

日本語の曜日表示とセイコー5のロゴに惹かれて
SARZ005を買いましたが、
「メカニカル」で 日付のみの実用時計としては
SARB033がオススメでした(過去形)。
おもに上位ブランドの「ブライツ」に採用されている
6R系のムーブメントの6R15が搭載されていて
税別定価45000円という破格のモデルだったのですが、
残念ながら廃盤です。入手自体はギリギリ可能かもしれません。
参考までに、SARB033によく似た外観で
6R15搭載の「ブライツ」にSDGM003というのがありますが、
こちらは税別定価90000円でした(これも廃盤)。

category: ヘッドホンとか時計とか

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/4804-6eb32200
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター