FC2ブログ

のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

レーシング5 LGさん  

お客さんから レーシング5 LGの前輪をお預かりしました。
DSC02947amx12.jpg
落車で スポークをハブ周辺で曲げてしまったとのことです。

DSC02949amx12.jpg
↑この4ヵ所だけだと思っていました(過去形)。
撮影時点で ダストキャップを外していますが
作業後には取り付けています。

DSC02950amx12.jpg
パリパリ系ねじ留め剤は 初動ゆるみだけを強力に防止するだけ、
ではなく 歯周ポケットに砂が入り込んで固着の要因になるのを
そこそこ防ぐ効果があるかも知れません。

DSC02951amx12.jpg
結局、要交換だと判断したのは6本になりました。
対辺4mm(3.95mm)の四角ニップルですが、
外周側のつかみ面も 4mmの四角になっています。
ここを回す工具というのは 出回っていません。
フルクラムで これを組んだときに どちらをつかんでいたのかは不明です。
どちらにも ナメ跡が一切無いので。

DSC02955amx12.jpg
ただ、左右交互に振っている外周部の穴のフチと
ドライバー型(あるいはT字型)の工具の頭の部分が
干渉しないとは考えにくいので、
内周側の四角をつかんでいる可能性が高いです。

ボーラなどのカーボンリムモデルも
これと同サイズのニップルで組まれていますが、
リムテープ不要のリムにしたい都合上
外周側にはバルブ穴以外の穴が無く
ニップルに治具をつけて リム穴まで磁石で呼んでいるので、
必ず内周側の四角をつかんで組むこととなります。
そのため、 そもそも ボーラやバレットのニップルでは
外周側が四角形状になっていません。

DSC02952amx12.jpg
直りました。

DSC02953amx12.jpg
交換したスポークは 当初から曲げが分かっていた
連続した4本と、

DSC02954amx12.jpg
少し離れて連続した2本の計6本で、すべて同じ側です。

DSC02974amx12.jpg
↑交換したスポーク

DSC02975amx12.jpg
これらが(たぶん)当初から分かっていた4本で、

DSC02976amx12.jpg
残り2本が これです。
画像下のスポークは 換えようかどうか迷いましたが

DSC02977amx12.jpg
微妙に曲がっているので 交換しました。
画像ではわかりにくいですが
スポークを回転させると その軸に対して
スポークヘッドが偏芯しているのが分かります。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/4811-90b9f87e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター