FC2ブログ

のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

GP4リムの前輪を組み直しました  

今日もホイー(以下略)。
DSC02990msn2.jpg
お客さんから マヴィックのGP4リムで組まれた前輪を お預かりしました。

DSC02991msn2.jpg
ハブはHB-5500 32Hで DTチャンピオン15番プレーンと
しんちゅうニップルで ロクロクイタリアン組みとなっています。

DSC02992msn2.jpg
ハブの回転に かすかにヂリヂリした感触がありますが、
使い回せないではありません。
が、お客さんから 状態が良い7700のフロントハブをお預かりしており、
そちらを使ったほうが良さそうなら ハブも交換してほしいということなので
7700のハブを使うことにしました。

DSC02993msn2.jpg
履いていたヴィットリアのタイヤは トレッドの磨耗が大きいことと
パンクには至っていないものの シュッと切れている箇所もあったので
お客さんに了解を得て 廃棄しました。

DSC02994msn2.jpg
DSC02995msn2.jpg
なんで ニップルから ねじ山が見えとんねん。
これは明らかにスポークが短いというか、短すぎです。

DSC02996msn2.jpg
DSC02997msn2.jpg
うーん短い。すり割りにも届いていません。
ニップルの端面に ○型の溝がありますが、
これは DTの15番のしんちゅうニップルにある 判別用の加工です。

DSC02998msn2.jpg
DSC02999msn2.jpg
センターずれも そこそこあります。
1ヵ所 クッと振れているところがありましたが、
それでも このすき間を埋めるほどではないので
仮に この暫定センターが たまたま最も振れている位相に
センターゲージを当てた結果であったとしても、
全般的に リムがずれているのは間違いありません。

DSC03000msn2.jpg
いつものあれは 650V(ボルト)でした。

DSC03001msn2.jpg
このGP4、GP4の最終型ですが それ以前のGP4とは仕様も重量も違い
同名の別物といっていい仕様となっています。
リムの端に耳のような段差があり、頑丈なのですが重く(振れには強い)
トレーニング用には最適です。
ただ、廉価帯のチューブラータイヤを履くと
タイヤの縫い目の盛り上がりと リム形状の相性が悪く、
接着面積が少なめになります。

DSC03005msn2.jpg
組めました。

DSC03006msn2.jpg
HB-7700 32H CX-RAYロクロクイタリアン組みで

DSC03007msn2.jpg
銀スポーク銀ニップルですが、バルブ穴の対岸の位相に
アルカンシエルを入れてほしいということなので やりました。

DSC03009msn2.jpg
DSC03010msn2.jpg
DSC03011msn2.jpg
↑スポークの長さは こんな感じ
スポークの端面の形状が独特ですが(三日月みたいになっている)、
今回は市販の長さをそのまま使えたので
当店で スポークを切ったわけではありません。
サピムの出荷状態のままです。

DSC03002msn2.jpg
横振れ皆無で

DSC03003msn2.jpg
DSC03004msn2.jpg
センタードンピシャです。
いつもより引いて撮っているのは
イタリアン組みアピール(ヌポークの向きが左右で逆)です。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/4815-a76cad62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター