FC2ブログ

のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

メルキュリオもどきさん  

お客さんから 3Tのメルキュリオっぽい前輪をお預かりしました。
DSC03165amx12.jpg
某海外通販で安く売っているという前輪です。

DSC03166amx12.jpg
リムの構造は3Tのメルキュリオと同じ、製造元も同じなようですが、

DSC03167amx12.jpg
リムにもハブにも 3Tを示す根拠が一切ありません。

DSC03178amx12.jpg
クイックのみ 3Tのロゴ入りになっていました。

私がこのホイールの整備をするのは 実は2度目です。
1度目は先週ですが 記事用の画像を撮りませんでした。

現在、3Tのホイールのラインナップは
ディスカス(熱帯魚のDiscusと同じ綴り)というシリーズの2モデルだけで、
メルキュリオは廃版となっています。

ディスカス45|32 LTDというモデルは
700Cで45mm高/32mm外幅(25mm内幅)のリムで、
ロードバイクで使う場合28~30C、
グラベルだと32~40Cを想定しているというホイールです。
もうひとつの ディスカスプラスi28 LTDというモデルは
650Bのグラベルバイク用のホイールで、
30mm高/33.4mm外幅(28mm内幅)となっています。

おそらくですが、この「メルキュリオのリムを使ったホイール」は
3Tのコスメチックを リムやハブに施せない事情があるのではと思われます。

レイ〇ルズの32(サーティーツー)のリムが廃版になったので
製造元が一切の表記を廃して レイノルズ以外に売ったのが
のむラボホイール6号のリムですが、
同じような事情があるのでしょう。
はっきり言えば リムの製造元が 余ったリムで小遣い稼ぎをしています。

そのあたりのことは ものの良し悪しとは直接関係がありませんが、
前回 このメルキュリオもどきを見たときは
振れ取り台にかけずとも分かる横振れ、
えげつない縦振れとセンターずれ、
ホイールとして成立していない低テンション、という
まさに誇張でなく 組みかけのホイールといった状態でした。
はじめてホイール組みをする奴でも
これよりマシな状態には出来るんじゃないのという
とんでもない状態で、到底 売り物にしていいレベルではありません。
で、今回の前輪はテンションのみ やや張ってありましたが
前回と同じような傾向でした。

DSC03168amx12.jpg
DSC03169amx12.jpg
センターがガッツリずれています。
これでも、前回の個体の初期状態よりは少しマシです。

DSC03173amx12.jpg
DSC03172amx12.jpg
縦振れもあります。念のため書いておきますが
ゲージの位置は同じです。

DSC03176amx12.jpg
このホイールはハブ側ニップルですが、
ケーンクリークのホイールのような構造となっています。
ケーンクリークのホイール部門は
クロノメトロというメーカーを買収したものなので
元ネタはクロノメトロですが。
リングルや ホシ(スポークの星)にも同じような構造のハブがありました。
で、この手のハブは整備性が最悪です。
中途半端なホイールもどきを 私の妥協点の限界まで仕上げるくらいなら
バラバラの材料から組んだほうが むしろ楽です。
お客さんには「のむラボホイールの前輪を組むより時間がかかる」と言いました。

DSC03177amx12.jpg
縦振れを取りました。
上の画像、ホイールが回転してます。
縦振れが どの程度 皆無なのかは お客さんにも見てもらっていますが、
「完璧」だと言われました。

工業製品に「完璧」はありません。
↑私は「完璧」と言われると
必ずこれを 食って掛かり気味に返します。

DSC03174amx12.jpg
DSC03175amx12.jpg
↑センタードンピシャ

慣れがあるのか、それとも 前回より(これでも)マシな初期状態だからか
ホイール組みよりは早く出来ました。
といっても 作業開始の少しあとに
ベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」をかけてから
作業終了時点で 第3楽章に入っていたので
30分ちょっとは かかっています。

私は このホイールを買うなと言っているわけではありませんが、
おそらく まともに組めている個体は ほぼ無いと思っていいかもしれません。
なので 購入後は近所のショップに再度 点検をしてもらったほうがいいです。
「ウチで売ったやつ以外は見ないので・・・」と言われるかもしれませんが
そういう贅沢な商売がいつまで通用するのか見ものです(煽り)。
やりません、と断る場合も やらないのではなく
そもそも技術的に出来ないカスの寝言である場合がほとんどです(煽り)。
当店は他府県から お客さんがお持ち込みされることも多いのですが
これも結構 遠くからお持ち込みされてまして(一応 近畿圏内)、
これを何とかできそうな「最寄りの」ショップが
お客さんの判断では 当店だったのかもしれません(煽り)。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/4834-12921b0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター