fc2ブログ

のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

CLX64さん  

お客さんから ロヴァールのCLX64の後輪をお預かりしました。
DSC07823msn4.jpg
ぶつかられて スポークが1本折れたとのことです。

DSC07824msn4.jpg
↑こやつ
お客さんにとって 当店が最寄りのショップではなく
他のショップの前を 何軒か何十軒も横切って、
しかも 今日の場合はお足元の悪い中
来ていただいたのに 言うのもなんですが
「どうしてスペシャライズドのショップで直そうと思わなかったのか」
と訊いたところ、ここには書けない話をされました。
なるほどな。もう 完成車販売店っていうだけの
ショップって要らないんじゃね?(極論)

DSC07825msn4.jpg
リムの中にニップルが落ちていましたが、
折れたスポークが かなりの長さで付いているようです。
リム高が高いので中に落ちたようです。
それはいいとして、巨大なバルーンのカスの気配がしたので
頑張って リムテープを剥がさずに回収しました。

DSC07826msn4.jpg
曲がったスポーク付きニップルも回収しました。
スポークの曲がり方向の内周側のフチに
変形が見られなかったので ニップルは使い回します。

DSC07827msn4.jpg
スポーク1本の交換程度で リムテープを剥がす必要もないと思い
ニップルは磁石で呼んで、内周側のつかみしろを つかんで
調整しました。実際に交換したスポークは2本で、
センターも ずれていたので 結果 ほぼ全てのニップルを回していますが。
ひとつ前の記事のアルピニストCLXの組み直しなどでは
さすがに リムテープを剥がさざるを得ませんが。

お客さんは ヴェンジの完成車を 車に積んで来られていますが、
後輪のセンターずれが ひどかったので
ついでに前輪も見てほしいと言われて このあとに見たところ、
後輪よりはマシでしたが ずれていました。
チューブレスタイヤの加圧に因る センターずれの発生する向きとは逆
(センターずれが増幅される方向)なので 意図的なものではなく、
どのみち このリム内幅に装着するタイヤでは
9気圧も入れることは無いでしょうし、
リム高が高いので 空気圧によるスポークテンション低下の影響は少なく、
しかも お客さんの運用はチューブドWOタイヤです。

DSC07828msn4.jpg
DSC07829msn4.jpg
直りました。
折れていたスポークが1撃目で、
その隣のスポークが2撃目で かすかに曲がっていました。

DSC07830msn4.jpg
やっぱり グランプリ5000だよな!

DSC07844msn4.jpg
↑交換したスポーク
折れていない2撃目のスポークですが、
DSC07846msn4.jpg
途中から曲がっています。
なお、定規は「まっすぐの基準」として並べているだけで
DSC07845msn4.jpg
スポーク長さを測っているわけではありません。
で、曲がっている箇所の鋭角側の側面を見ると
DSC07847msn4.jpg
打痕がありました。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2022/04/01 12:45 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/6150-e9a0a6ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター