のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

お持ち込みハブで5号を組みました  

先ほどとは別件です。
DSC05806amx.jpg
例のハブがお持ち込みでやってきました。
リヤハブは当店のTniを使い、のむラボホイール5号を1ペア組みます。

DSC05816amx.jpg
まずは前輪から。24Hの全CX-RAYです。

DSC05818amx.jpg
フォークと干渉するかも知れないので反ヌポークで、というオーダーです。
これでも広いですね。このハブのフランジの内~内寸法は
大抵のハブの外~外寸法よりも広いです。

DSC05819amx.jpg
つづいて後輪。
32Hの全CX-RAYか、24Hの半コンペか 体重から考えて
どうですかと訊かれましたが、後者にしました。
それを懸念するほどの体重ではありませんでした。
32Hの全CX-RAYと24Hの半コンペでは
24Hの半コンペのほうが スポーク部分の重量が1割ほど軽くなります。

DSC05821amx.jpg
先ほどはXR300、続いてXR200の
左右異径スポーク・左右異本組みをしましたが
(具体的には半コンペのヨンロク組み)、
結線無しでもスポークの交差部分の
前後方向にぎにぎの変形量の左右差が 非常に少ないです。

私は 結線を剛性確保ではなくスポークの変形量の左右差を埋めることを
主眼として しているつもりですが、あくまで補助的なものであり
やはり大事なのはスポークの選定や 組み方のほうだと思います。

category: のむラボホイール

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/623-fb3511e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター