のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

コメントのお返事  

昨日の記事の続きです。
「ショップがメーカー品のホイールを検品するのは確かに当たり前のことかもしれませんが、
それを宣伝するのは別に恥ずかしいことではないと思いますが。
「当たり前だから言わない」の姿勢でHP等にも何も書かないままだと
「やってないんだな」と思われませんかね。
実際ののむらぼさんも今回「当たり前」としつつも完組検品を記事にしたではないですか。
自分のところでしてる作業内容を公開するのは恥ずべきことですか?」
というコメントをいただきました。

昨日の記事と重複しますが、私が「完組みホイールの検品をしました」と
わざわざ記事にするのは箱入りのホイールは半製品であることが多い
ということを 言いたいがためのことです。
ホイールのセンターが出ていない場合 それの修正に5分10分の作業を要します、
ということを お伝えしたいだけであって、
それを直す当店はすごいんだぞー!とはまったく思っていません。
当たり前のことですから。


その当たり前のことを「ホイールの検品をする当店はすごいんだぞー」というニュアンスで
書いたとすると「ウチの会社の運転手はタバコのポイ捨てをしないんだぞー!」と、
当たり前のことを ことさらに自慢しているようで大変ハズカシイと思うのです。

作業内容を公開するのが恥ずかしいというわけではなくて、
やって当たり前のことを わざわざしていますと言うのが恥ずかしいということを
書きたかったのです。

コメントありがとうございました。


同じ記事でいただいた別のコメントの話ですが、完組みホイールを
「封も切っていない段ボールごと渡されたことがありました。」という
コメントをいただきました。
これは、拡大解釈すれば 自転車も箱入りの七部組みで
売っているようなものです。

※七部組みというのは業界用語で、箱の中で おおかた組まれた状態をいいます。
どっちみち全部ばらすのですが、バーテープが始めから巻かれていると 正直ありがた迷惑です。

「当店では自転車を箱のままでお客さんに渡さずに組んでからお渡ししています!」
なんて わざわざ言っているショップはないでしょうが、
完組みホイールだとありますよー、という話です。

私がもし「七部組みの自転車を全ばらししてから再組み立てしました」という記事を
書いたとすると、それは「完成車はBBの締め付けが甘いことがあります」とか
そういうことをお伝えしたいためであって、
「全ばらししてから組む当店はすごいんだぞー!」というニュアンスはありません。
当たり前のことなので。

過去にありました(→こちら

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/633-8b43d69e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター