のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

コメントのお返事(ゴキソハブについて)  

多分こういうコメントをいただくのではと思っていましたが、
先日の記事でゴキソハブについて触れた内容について
「リム単体の剛性が例えばENVEのディープリムのようにもの凄く高くて、
ブレース角も確保しやすく、スポークテンションも充分にあげられるという仕様で、
スポークもCX-RAYとかで高いテンションに耐える、という場合なら、
フランジ幅の狭いGOKISOハブでも
充分な横剛性を確保したホイールを組めると思うのですが、どうでしょう?」
というコメントをいただきました。

このブログで何度も触れていますが、
「フランジ幅が狭いことによる横剛性の低さ」というのは
スポークテンションを頑張って上げましたとか
リムが硬いですとか その程度の条件付けでは到底解消できないのです。
ENVEのリムにしても限界スポークテンションが せいぜい130~140kgf、
これはカーボンリムとしては高めですがアルミリムのそれと大差はありません。

仮にデュラエースのハブで ENVEリムとCX-RAYスポークでカッチリと組めば
間違いなくゴキソハブのホイールよりも横剛性の高いホイールが出来ます。
この場合、デュラエースハブが ゴキソハブよりも劣っているのはハブの回転性能だけで、
それ以外のホイールの要素は全てデュラエースが勝っています。
ただ、デュラエースハブをどれほどカリカリにチューンしても
ゴキソハブの回転軽さにはなりません。これは確かです。

その「回転性能」に構造上付いて回るハブ重量の重さと、
多分 回転性能のために構造上必要ではないと思われる
ナローフランジゆえの横剛性の無さとを 秤にかけたとき、
「この回転性能なら ハブが重たくても横剛性が無くても別にいいや」
ということに20万円以上出せるという方には 良いハブだとは思いますが。

もうひとつゴキソハブで辛いのが「オチョコのひどさ」です。
シマノ9Sの純正ハブの右フランジ幅は、モデルにもよりますが
21.1mm~20.8mmといったところです。
9000デュラエースでは多段化のために18.7mmとなっています。
私がホイールを組んだ感触では、右フランジ幅が20mmを切ると
「オチョコがひどくて左側のスポークテンションが甘くなる」と
いう感じを強く受けます。
現行のカンパニョーロのレコードのハブ(右フランジ幅19mm弱)は
2002年からハブの寸法については変わっていませんが、
出た当時は「オチョコがひどいなー。左スポーク甘いじゃねーか」と
思っていましたが、結局そのフリーボディで11Sまで対応したことと
現行では どのメーカーの11Sハブも だいたい右フランジ幅20mm未満であり
時代がカンパハブに追いついてきたので(追いついたらダメなんですが)
今では「レコードハブだけがオチョコがひどい」とは感じません。
右フランジ幅の1mm2mmというのは非常に絶大な数字で、
例えば24Hのリヤハブの場合(左フランジ幅にもよりますが)
「右フランジ幅21mmのヨンヨン組み」と
「右フランジ幅19mmのヨンロク組み」では
左のスポークテンションに大差が無い感じになります。
私が左右異本組みと称して組んでいる組み方も、
ホイールバランスの是正度では
右フランジのオチョコ2mmを取り返した程度ということです。
(するとしないでは全然違いますが)

で、ゴキソハブのオチョコについてですが フランジ幅 約44mmのハブで
右フランジ幅16.5mmという 異常な数値となっています。
これを左右同本組みしたとすると左のスポークテンションが右に対して
大して上がらず、左シュータッチしやすいホイールになります。
反フリー側ラジアル組みをしたとすれば さらにひどくなるでしょう。
16.5mmというのは他に見たことが無い数字なので、
フランジ幅約44mmと相まって「世界一 左シュータッチしやすいリヤハブ」に
なるのではないでしょうか。
重ねて書きますが、これは「スポークテンション上げたよ!」
「硬いリム使ったよ!」で解消できない問題です。

DSC06413amx.jpg
私のWフリーハブはフランジ幅約42mmですが、
これは右21mm左21mmなのでオチョコがありません。
なのでゴキソよりも2mm狭いフランジ幅ながら
シュータッチに関しては むしろ ましなのではないかと思います。

DSC06415amx.jpg
リムはXR300アルミリムですが、リムのねじれにくさは
ENVEの1-45よりは上なのではないかと思います。
ホイールを組むときに、ホイールを横たえて床に向かってリム部分を加重する
「なじみ出し」という作業をしますが 同スポークテンションなら
経験上 XR300のほうがたわみが少ないからです。
ENVEのリムもカーボンとしては非常に硬いほうなのですが、
アルミリムと そういう比較をすれば さすがに劣ります。
スポークは2.0mmプレーンですが、これはCX-RAYよりは
はるかに横に変形しにくいスポークです。
それを 悪あがきの限りを尽くして硬めに組んではいますが、
横剛性がどうやっても稼げません。
私は自分の自転車についてはブレーキレバーの引きしろを
大きめにセッティングするので シューとリムの間隔は広く、
それがためにシュータッチはしませんが、
この間隔を詰めれば(といっても一般にありえる範囲)、
シュータッチするのは確認済みです。
「スポークテンション上げたよ!」と
「硬いリム使ったよ!」に加え、
「太いスポーク使ったよ!」と
「えげつない組み方したよ!」も追加しましたがダメでした。

色眼鏡無しで構造だけを見てやれば
「ゴキソのハブはこのWフリーハブに オチョコの偏りを追加して
寸法に関する条件をさらに悪くしたリヤハブ」ということになります。
回転性能は世界一だと思いますが。

また、コメントにて
「また、実際の組み上がったホイールとしての横剛性が低くとも、
リム単体に充分すぎる横方向の剛性があれば、
デメリットは感知しにくいとも思うのですが?」
というご指摘をいただいていますが、そんなことはありません。
実際に組み上がったホイールの横剛性が低ければ、
実際に走ると横剛性が低いです。
リムの硬さは関係ありません。
理由はさきほど書いたとおりです。

さっきも同じことを書きましたが、
ゴキソのハブの回転の軽さにとって
ナローフランジであることは構造上必要な条件ではないと思うので
フランジ幅だけ何とかすれば化けるハブだと思うのです。
(構造上必要な条件なら仕方ないです)
限度はありますが、ハブの重さは走行感にそれほど影響しません。
この「限度」というのはヒルクライム目的となると
走行感に関係なく途端にシビアになりますが。

工学的な知識や技術のある無しはともかく、
自転車のパーツについて経験的に詳しければ
こんな寸法のハブは絶対に作らないと思うのですが。
「前例にとらわれないものづくり」といいますが、
回転性能だけに固執した視野狭窄に終わっている気がします。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 6

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2013/08/28 10:12 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2013/08/28 12:45 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2013/08/28 22:46 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2013/08/29 00:01 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2013/08/29 02:29 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2013/08/29 12:23 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/680-f9f3d391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター