fc2ブログ

のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

XR-19Wリムで前輪を組みました  

今日もホイー(以下略)。
RIMG7743msn5a.jpg
キンリンのXR-19Wリムと
サンツアーのシュパーブプロのハブで前輪を組みました。

RIMG7751msn5a.jpg
リムにX-KEYMETという赤いステッカーがありますが、
エックス キーメットというのは
キンリンの自社販売でのブランドです。

RIMG7744msn5a.jpg
サンツアーのラージフランジクイック式フロントハブ 32H
全CX-RAYロクロクイタリアン組みで
金アルミニップルです。

RIMG7745msn5a.jpg
ハブ胴に ホイールの回転方向に向かって表記があるので
これを正方向で読める側が右側というのを
イタリアン組みの左右の根拠にしています。

RIMG7740msn5a.jpg
時系列が戻って 組む前の状態のハブです。
このハブですが、ホイールの組み痕があり

RIMG7741msn5a.jpg
RIMG7742msn5a.jpg
左右どちらのフランジも
自分に近いほうから見たフランジ外側に
反ヤマアラシさん方向のヌポークの食い込み痕があります。
なので このハブで組まれたホイールは 逆JIS組みです。
逆JIS組みを 理論上やってもおかしくない条件は、
固定ギヤのピストバイクでチェーンを左側にする
レフトドライブの後輪を
両切りのリヤハブで組むときくらいです。

RIMG7752msn5a.jpg
↑これは シュパーブプロのラージフランジの
非中空シャフトのナット式のもの、
つまり ピスト用のフロントハブですが

RIMG7754msn5a.jpg
RIMG7755msn5a.jpg
組み痕は 左右フランジとも
ヌポークがヤマアラシさん方向なので
JIS組みです。

RIMG7747msn5a.jpg
今回の 組んだあとのホイールのイタリアン組みの
右側フランジですが

RIMG7749msn5a.jpg
反ヌポークのフランジ穴に
ヌポークの首下痕があり、

RIMG7748msn5a.jpg
これがイタリアン組みの左側フランジでは

RIMG7750msn5a.jpg
現ヌポークと 元ヌポーク痕が合致しているので
ハブに対する 初めてのホイール組みのように
見えています。

元のハブに対するイタリアン組みの見た目は
こうなるか、ひとつフランジ穴がずれるかの
どちらかになりますが
バルブ穴から覗いたハブ胴の位相を
サンツアーの表記に合わせると こちらになりました。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/7014-512a9faf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター