fc2ブログ

のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

スラムのシンタードブレーキパッドの当たり出しをしました  

先日のスラムのブレーキパッドの話の続きです。
シンタード(焼結メタル入り)パッドに交換して
ローターも新品にして 雨の中 乗り出したところ
RIMG7814msn5a.jpg
ブレーキパッドとローターの初期接触の段階で、
調子が悪いママチャリのバンドブレーキと同じような
キキーッ!!という爆音が鳴り響きます。
街中なので それなりに信号に引っかかりますが、
そのたびに周りの人が
びっくりするくらいの爆音が鳴り響きます。
まるで何かの罰ゲームのような
恥ずかしさを感じるほどに うるさいです。
この時点で思ったことと 分かったこととして、
ディスクローターも新調していて良かったと思いました。
「オーガニックパッドの成分が付着しているローターだから
相性が悪くて音鳴りしているのかも?」と疑う必要が無いからです。
分かったことは、音鳴りする初動以降の握りこみでは
音が鳴らないということです。
完全に停止するまで ずっと鳴っているわけではありません。

スラムでは ブレーキのベッディングについて
「中程度の速度から歩行速度までブレーキをかけるのを20回、
それから より高速で走らせて歩行速度まで10回
ブレーキをかけます」としており
文字のマニュアルとは別に YouTubeにも動画を上げていますが、
まず「中程度の速度」ってなんやねん、と思い
英語の原文を見るとmoderate speedとありました。
モデレートとは 中程度の、と訳す場合以外では
適度な という意味になります。
そのあとの より高速で という部分はfaster speedでした。
まあ 常識で判断しろ分かるやろってことです。
歩行速度まで減速としてあるのは
タイヤにフラットスポットが出来るような
急停止をするなということです。
この一連の所作なら レース会場に着いてから
見通しのいいところで アップがてら
ベッディングを済ませられそうではあります。
オーガニックパッドの場合であれば。

シンタードパッドは ベッディングに時間がかかると
スラムが認めている通り、その程度では
当たりが出そうにありません。
というわけで次の日も 雨でしたが
峠を1本下れば 当たりを出せるだろということで
犬鳴山に行ってきました。

その道中の平地で分かったことですが、
初日に 後ろに車などがいないのを確認して
爆音急減速を何度も繰り返したからか
2日目の初動の音は かなり静かになっていました。
ただ それでも、オーガニックパッドでは
絶対に出ない音量ではあります。
あと、初日ではブレーキの初動で毎回必ず鳴っていたのが
2日目では ブレーキをした直後であれば
初動の音が ほぼ鳴らなくなっていました。
2日とも雨でしたが、2日目に限れば
原因としては断定できませんが
ローターの表面に水膜が張っているときに
ブレーキをかけると鳴るのかもしれません。
走り始めの街中の 信号の間隔が短いところだと
初動で鳴った赤信号での減速の
次の赤信号では鳴らないものの、
しばらく信号に引っかからずに 間が空くと
また初動で鳴るようになるといった感じです。

IMG_5704msn5a.jpg
というわけで和歌山との境の
犬鳴山の池田トンネルまでやってきました。
厳密には ここが県境というわけではなく
トンネルの2kmちょっと手前から和歌山県です。
家から同じような時間で行ける峠の頂上として
鍋谷峠と風吹峠がありますが
前者は また通行止め、
後者は 斜度がきつい区間がほぼ無いので
犬鳴山にしました。
天気は小雨が降ったり止んだりで、
高速道路の真下などを除けば
乾いた路面を一切 走っていません。

IMG_5706msn5a.jpg
↑トンネルから大阪側を見ています。
Q:なぜ かたくなにフレームの画像を載せないのですか?
A:呪詛の言葉しか湧いてこないからです。
まあ そのうち「グラベルバイクいちねんせい」
というカテゴリーを作って いろいろ書きます。

IMG_5708msn5a.jpg
↑ほいよ。
ここから、ブレーキレバーを握りっぱなしの
ヘタクソブレーキに加えて、ペダリングもします。
必要なだけでなく
必要以上にブレーキをかけるということです。

RIMG7815msn5a.jpg
下り始めは 初動の音以降は
パッドとローターが擦っている
ソリソリした音以外はしていなかったのですが、
トンネルから1.4kmほど下った
神通温泉(ここも和歌山県)のあたりで
ついにフェードの入り口に入った感触と
キーーッと断続的に鳴る音が発生しました。
いままでブレーキレバーの握りこみの奥のほうで
音が鳴ったことはありません。
また、このときの音は 初動のキキーッ!という音とは違います。
神通温泉の駐車場は広く、自販機もあるので
よく車の走り屋が溜まっているのですが
この日は雨だからか 人がいませんでした。
が、下りの途中でナンバープレートを
「・・ 86」にしているAE86に抜かれました
(当店の近くにも ナンバーを「・5 95」にしているアバルトや、
「・・ 32」にしているスカイラインGTR(R32)が
駐車しているのを見かけます)。
で、そのあたりで(←どのあたりやねんというと頂上から3km弱)
断続的に鳴っていた音が鳴らなくなりました。
以降は ブレーキかけっぱなしでは無く
後ろに気をつけながらコーナー以外の直線部分で
ガツンとブレーキをかけるのを何回もやりましたが
フェード以前とは 明らかにタッチが違います。
ブレーキ熱で溶けたパッドの素材が
ローターに付着したようですが、
この様子だと 温度が必須条件っぽいので
シンタードパッドの場合は「街中での信号待ちごとに
ガツンとブレーキをかけるのを心がける」程度では
いつまで経っても ベッディングが完了しないかもしれません。

追記:車のナンバープレートについて
4桁の場合にしかハイフンが入らない
というコメントをいただき、訂正しました。
例として挙げると
「・・ 12」
「・3 45」
「67 ‐ 89」
のようになるということです。
コメントありがとうございました。


RIMG7816msn5a.jpg
峠の下り以降は、しばらくブレーキをかけていない状態からの
初動で フォーン…という高い音が かすかに鳴るものの
うるさいという感じでは無くなりました。
あと、この段階に至って スラムが言うところの
「イニシャルバイトは それほどでもない」というのが
ああ こういうことかと一応は分かりました。
シンタードパッドには
オーガニックパッドの初動の ガツンと利く感じは無いものの
ブレーキレバーの握り幅に比例して
どこまでも締め上げる万力のような感じの利き方をします。
上のグラフが正しいかどうかは知りませんが
レバーの握り幅と利きの関係が 私には比例直線のように感じました。
絶対的な利きの強さは 当たりが出たシンタードのほうが上です。
握りこんだ果ては タイヤのグリップを超越しているので
(このこと自体はオーガニックパッドでも同様ですが)
試していません。

また、ディスクブレーキは新品から少し乗ると
ブレーキレバーの握りが深くなりますが
(セッティング直後のブレーキレバーの握りこみを除く)、
それ以降はブレーキパッドの減りに応じて
レバーが深くなるだけなので なかなか変化しない、という
新品の消しゴムの角が丸くなるのだけは妙に早く感じ
それ以降は なかなか減らないと感じるような
感触がありますが、
シンタードパッドは 峠の頂上までと 前日走った分で
100kmくらいは走っていますが
パッドがローターにあたるまでの
ブレーキレバーの握りこみ量が非常に浅く、
峠を下りきるまでは いい感じの握りしろの深さになりませんでした。

IMG_5717msn5a.jpg
↑2日目の ほぼ帰宅時点です。
ローターのパッド当たり面に磨耗痕があります。
ローターの外周部分は もっと焼き色が付くかと思っていましたが
それほどではありませんでした(一応 色は変わっています)。

私はディスクブレーキでもフロントしか使わないので
ここまでは全てフロントブレーキの話です。
リヤブレーキですが、無負荷で後輪を回すと
パッドが一切 ローターに擦らず、
乗っても ほとんどの状況で擦っている音がしないものの
出先で急に かすかながらスリスリと音鳴りすることがあり
ブレーキ熱が原因では無いので
巻き上げた砂でも噛んだのだと思いますが、
それが うっとうしかったので
まあまあ使ったフロントのオーガニックパッドを
リヤブレーキに入れたところ
ローターとの間隔が広がったので
スリスリ音すら 一切 鳴らなくなりました。
そのままだと 後ろブレーキの初握りこみが
スカスカになるのではと思い
停車時に後ろブレーキレバーを何度か握りこみましたが、
ブレーキポットが ほぼ飛び出さずに戻っているようで
レバーの握り幅は パッドの磨耗相応に深く、
ポットが飛び出して結局 ローターとの距離が
同じくらいになるように追随したりはしていません。

category: その他 機材の話

tb: 0   cm: 2

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2024/02/24 23:19 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2024/02/25 12:36 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/7020-dfea4604
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター