のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

過去へ行く男  

いま「オープン1周年おめでとうございます!」的なコメントをいただきました。
この店舗自体は去年の7月から借りていますが、
電話を引くのに45日(しごにち ではなく よんじゅうごにち)かかったので
オープンが遅れたことを思い出しました。
さすがに電話番号のない状態では問屋さんと取引契約を交わせません。
それはいいのですが、正式な開店日は9月28日です。

これを期に「のむラボ1周年記念ホイール」なるものを組もうと思います。
もう完売していますが。

DSC02886amx.jpg
「のむラボホイール1号3・3・7」こと63Hホイールを作ります。
このハブの外周部分に倍数の穴をあけるのはリスクがあるので、
より内側に第二フランジ穴を設けます。
ラージフランジ且つ 肉抜きのないハブである必要があり、
条件に合うものを選びました。

DSC02887amx.jpg
↑こういうガイドを作ります。このためだけに生まれてきた道具です。

DSC02888amx.jpg
ポンチでドリル穴のガイドになる凹みをつけます。

DSC02890amx.jpg
ドリリング

DSC02893amx.jpg
反ヌポークで通すので、スポークヘッドのおさまりが良くなるよう
皿ザグリを付けます。

DSC02894amx.jpg
内側から見ると こんな感じ

DSC02895amx.jpg
リム側も倍数の穴を開けます。バルブ穴だけは位相がかぶるので
32H×2倍で64H、マイナス1で63Hです。

DSC02896amx.jpg
経験上 XR300リムの継ぎ目はバルブ穴の真反対から
少しずれていることは分かっていました。
なので ここにも穴があけられます。

DSC02897amx.jpg
ニップルのサイズに拡張する前のガイド穴があきました。
リム外周側(リムテープを張る側)の穴を増やすと
強度的に問題がありそうなので、
新しくあけた穴に通すニップルは
磁石で1つ1つ呼んでいます。

これが実に面倒くさい。ホイール組みそのもの以上に面倒です。

完成品は(→こちら)ですが、この時間軸に
これと同じホイールが約半年前から存在しています。
理由は、半年前に私がこれと同じものを 半年後の私から受け取ったからです。
全く同じ(スペックが、ではなく存在そのものが)ホイールが2つあると
タイムパラドックスなどを引き起こすかもしれません。
なので このホイールも過去の私に引き渡す必要があります。
ということで渡してきます。

未来から来た男(→こちら)に続く・・・。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 2

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2013/09/20 19:56 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2013/09/21 22:48 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/724-79c2788d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター