のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

コメントのお返事(ラジアン感覚的n本組みの話)  

く、くそっ!鋭いツッコミだぜ!
いつもコメントをありがとうございます。
と書けば伝わると思います。
コメントのお返事というよりはある方への私信に近い内容です。

「1対のスポークのなす三角形の大きさ」についてですが、
DSC06912amx.jpg
32Hの2・4・6・8本組みと ハブの二分線越えの10本組みの
スポークの線分について描きました。
線がごちゃごちゃするので2本組みと6本組みは省いています。
この図では4本組みが最もハブフランジ円の接線寄りになっています。
2・6・8・10本組のときのスポークは4本組みのスポークよりも
円の内側を通っていることからも明らかです。

DSC06914amx.jpg
このブログで言うところの真の最接線組みのスポークを描き足しました。
真の最接線組みの場合 28Hや36Hになるので、
リム側のスポーク終端位置は 図のように32Hと同じではないのですが
大差ないので同じところとして描いています。

私が重視しているのはスポークの線分が接線と近いかどうかではなく、
DSC06915amx.jpg
↑この「1対のスポークのなす三角形」の底辺の長さです。
ラジアル組みの場合はゼロです(さらっと書いてますが重要)。
これが最大になるのはハブの二分線上のハブフランジ穴同士から出した
スポークを交差させる(=真の最接線組み)ときで、
ハブの二分線を越えると三角形の底辺は 短くなっていきます。
32Hの8本組みと10本組みでは底辺の長さは同じですが、
スポークの線分とその接線との隔たり具合は違います。
これが「n本組みのnが大きいほどいいわけではない」理由です。

DSC06916amx.jpg
いろいろはぐらかしてすみませんが 恐らく言いたいことは伝わっていると思います。

追記(ある方への私信的 追記):
このブログへのコメントですが、メールアドレスを添付することができます。
そうすれば個別にお返事をすることができます。
(といっても 最近はそれすら滞っていますが)

DSC06918amx.jpg
32Hの

DSC06919amx.jpg
0・2・8・16本組みで考えます。
16本組みというのは 現実的にはハブ体と干渉するので無理です。

DSC06920amx.jpg
ハブフランジの半径(交差している三角形の底辺)が大きいほどいいなら
ハイローならぬローハイフランジがいいのでは?という考え(要素1とします)も
そのことだけに注視すればありなのですが、
ホイールのスポークテンションの左右差の是正にとっては、
DSC06922amx.jpg
ハイローフランジ化やオフセットリムなどによる
オチョコの軽減(要素2とします)のほうが要素1よりも
はるかに大きな要素なので、
DSC06923amx.jpg
DSC06924amx.jpg
「三角形の底辺の長さを大きくする」のではなく
「ある限られた範囲の底辺の中でなるべく大きくする」という考えです。

左右異本組みよりもハイローフランジのほうが左右バランスの是正度が大きい
ということは、言いかえると
「十分なハイローフランジなら反フリー側ラジアル組みでも別にいい」ということでもあります。

DSC06926amx.jpg
ということで、十分な というより極端なハイローフランジ、
特に反フリー側が極小スモールフランジの場合で考えると、
組み方によるスポークの線分の軌跡がかなり似通ってきます。
理論上フランジが「点」になるとラジアル組みと同じになります。

ハイローフランジは左右異本組みの是正度を低くするというのは
前にも書きましたが、こういうことです。

DSC06927amx.jpg
ラジアン感覚だけで片側のフランジを見れば半径の大きなフランジがいい、
ということになりますが
ホイールを前後から見たときのバランス線から見れば大きな要素では ありません。
フランジ幅の広さで横剛性がほぼ決まるように、
ハブの選定でホイールの性質のかなりの部分が決まってしまいます。
ハブはホイールの土台となる部分であって、
左右異本組みだとか異径組みだとかいうのは
するとしないでは全然違うけれども
ある決まった土台の上での 悪あがきの手段でしかないということです。

三角形の底辺とスポークテンションの関係については
メシノタネコードに触れるので書けません。
もし書くなら
スポークテンションとスポークの断面積と
RK(ニップルがリムを食い破ろうとする力)について
かなり突っ込んだことを書かないといけないので
左右異径組みの秘密にも抵触します。
おお危ない。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 3

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2013/09/22 07:45 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2013/09/22 12:38 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2013/09/22 22:14 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/730-e9fe4370
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター