のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

キシリウムエリートさんと キシリウムSRさん  

お客さんからキシリウムエリートをお預かりしました。
他府県からわざわざ送ってこられており、
オーバーホールをご希望です。
DSC07015amx.jpg
DSC07016amx.jpg
お客さんがリムの外側に これの購入日と思われる日付を書いていますが、
それを見る限り1年以上経っています。
にもかかわらず 非常にきれいです。
驚いたことに前後ともセンターがバッチリ出ていました。
センターが出ていた、ではなく バッチリ出ていた、です。
マヴィックがどうとかではなく 完組みホイールにしてはありえないくらい
バッチリ出ているので おそらくは「ショップ」で買ったか
あとから追い込んでセンターを出したのかもしれません。
といっても後者がお客さん自身でできるなら
当店に送ってこないとは思いますが・・・。

真相は分かりませんが 仮に「ただ買ったら たまたまこうだった」のであれば
相当な当たりを引いています。
センターの精度に関して言えば私の雑感では 上位10%以内の出来なので、
単純に考えて前輪10%と後輪10%の組み合わせを引いているので
1%の当たりを引いている感じです。

振れは前後とも ほ~んのかすかにありました。で、すぐ取れました。
こう書くと不謹慎かもしれませんが、振れていて良かった気がします。
これで振れていないとなると 遠方から送ってこられたホイールを
当店の振れ取り台にかけて「シャッ」と回して終わり、
という作業内容だけになるところでしたから。

しかしセンターが出ているかどうか、振れているかどうかは
それぞれ専用のモノサシにかけないと分からないことなので
それ自体だけでも専門的な作業ということも確かです。

私が中学生のとき 音楽でギターの授業があったのですが
先生が授業前に 生徒にギターを持たせて並ばせ
ピアノの音と比べて 弦の張りをひとつひとつ
チューニングするというのをしていました。
私は友人と共謀してギターをすりかえて
同じギターを何度も先生に手渡しました。
ギターの外観に個体差は ほぼ無いので同じギターを渡してもばれません。
もし先生に絶対音感的な能力があるなら 二度目以降は
弦の調整をしなくていいはずですが、
二度目も三度目も少し触っていました。

その話を思い出すくらい
すでにバッチリ調整されたかのようなホイールです。

DSC07012amx.jpg
DSC07014amx.jpg
ハブ内部もできることは全てしました。
こちらもほとんど汚れていません。
ベアリングは全てグリスアップしました。

DSC07011amx.jpg
↑マヴィックの「FTS-Lフリーボディ」ですが、
経年使用で ハブ体の2ツ爪の間の部分が磨耗してきます。
そしてたいていの場合 偏磨耗的な こすれ跡になります。
いや、これの場合は新品同然なので「傷んだらこうなります」
という参考画像ではありません。

DSC07017amx.jpg
余談ですが、完組みホイールは通常 スポークの交差部分を編みません。
ブラックスポークは交点が擦れると カキカキと音がすることが多いので
なおさら編みません。が、これの先代のキシリウムエリートが
マヴィックの完組みホイールで初めて交点を編んだホイールです。
丸スポーク同士だと交差部分は線と線の接触となり 音が鳴りやすい傾向があります。
エアロスポークでもCX-RAYのような断面形状だと
やはり線と線の接触になるので その点では丸スポークと大差ありません。
このキシリウムエリートくらいの面と面の接触なら
音鳴りはかなり起きにくいようです。
実際に にぎにぎしても異音はしません。




つづいて別件となりますが、キシリウムSRをお預かりしました。
当店のお近くの方です。
これも同じくオーバーホールをご希望です。
DSC07018amx.jpg
DSC07023amx.jpg
どうしてこんなになるまで放っておいたんだ
いやー やりがいがありますなー。
後輪にセンターずれあり、前後とも少し振れている、
前ハブにガタあり、ハブの中身 要グリスアップ、
とツッコミどころ満載です。あと洗いがい(※)があります。

※洗いがいがある・・・
「汚れている」の婉曲表現


DSC07019amx.jpg
DSC07025amx.jpg
忍法ヤフ○クの術を使っておきました。
なぜそんな不穏な名前なのかは秘密です。
見合い写真を撮るテクニックのようなものです。
別に出品するわけではないですよ。

☆ ☆ 美 品 ☆ ☆
   オ ー バ ー ホ ー ル し て か ら
  走行100km以内
↑マウスで範囲選択してはいけません!

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/745-9fa537ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター