のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

のむラボホイール5号を組むことになってしまいました  

今日もホイー(以下略)。
DSC07262amx.jpg
スタンズ ノーチューブスのZTRアルファ340の振れ取りをお願いされました。

DSC07264amx.jpg
このリムですが、よくよく見ずに振れ取り台にかけて
ニップル回しをニップルにかけてはいけません
振れ取りと聞いてピンときました。

DSC07266amx.jpg
やっぱり割れとる。

DSC07267amx.jpg
DSC07269amx.jpg
↑他にも数ヶ所 同じようにクラックが入っています。
このリム、限界テンションも低いですし
仮にゆるく組んでやったところで経年使用でだいたいこうなります。
お客さんは振れているだけだと思っていたので
かなりびっくりされていましたが、私はもう慣れました。
今までこれについて触れてこなかったのは、当店で扱っていないものについて
こういうことを書くと 単なるネガキャンだと受け取られかねないからです。

もう別にいいや そう思われても。
怪我する(かも知れない)人が減ればいいし。

DSC07271amx.jpg
だいぶ捨てましたが(大阪市でリムを捨てるのはちょっと困難)、
当店のリム墓場で最も多いリムは これです。

DSC07280amx.jpg
DSC07282amx.jpg
DSC07283amx.jpg
DSC07284amx.jpg
↑リム墓場より

私は「ニップルがリムにかけている力」のことを
RK(リムを食い破ろうとする力=RimをKui破ろうとする力)と
このブログで呼んでいますが、まさに食い破られています。
これらのリムは いまニップルがかかっていないので
あまり大きなクラックには見えませんが、ホイールの状態では
もう少し ニップルによって持ち上がった格好になっています。

DSC07272amx.jpg
DSC07273amx.jpg
リムの名前が340なのは公称重量が340gだからです。
ALPHAの文字が小さい前期型は実測350~360g、
文字が大きい後期型は380g前後くらいです。

DSC07275amx.jpg
DSC07274amx.jpg
前期型があまりに割れるので 後期型ではニップルの部分の肉厚を増やしています。
これが実測重量にも現れています。
外周側(リムテープを張る側)には顕著な差はないので
メーカーもやはり ここに後ろめたさがあったものと見えます。
生産時期にかかわらずこのリムをお使いの方は、
一度ニップル穴周辺のクラックを 調べてみることをオススメします。

DSC07263amx.jpg
「テンション張りすぎじゃないの?」と思われるかもしれませんが
むしろ ゆるいくらいです。


というわけで組み換えになりました。
持ってこられたホイールには 工具を一切かけていません。
私が触ってから割れに気づいたとなると
私が壊したと思われてしまうかも知れないので。

DSC07285amx.jpg
ハブは たまたまパワータップだったので
DSC07292amx.jpg
ラチェット周りを洗いました。

DSC07296amx.jpg
組めました。
リムはXR200になったので 一応のむラボホイール5号です。
配慮さんは仕事がなくなったので寝ています。

このホイールの持ち主の方は、のむラボでホイールを組んだということが
ばれないほうがいいだろうと思われる方なので
DSC07298amx.jpg
半コンペのヨンロク組みにして
DSC07299amx.jpg
反フリー側の交点を結線ハンダ付けしておきました。

どうか ばれないよう 頑張ってください。

category: のむラボホイール

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/774-fc983893
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター