のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

シャマルウルトラさん  

お客さんから シャマルウルトラの後輪をお預かりしました。
DSC01338amx8.jpg
ビッグプーリーに換装しているリヤメカのプーリーケージ(※)が
突然割れて 後輪に巻き込んだのか、
エンドが曲がっていたかロー側調整ボルトをゆるめすぎていて
リヤメカがスポークに絡んだのか、は 分かりませんが
とにかくビッグプーリー化したリヤメカを巻き込んだということです。
ローギヤ以外で使っていて起こったのであれば前者ということになりますが、
状況からしてどうも そちらのようです。

※プーリー「ケ」ージが 「ゲ」ージになってるぞ、というコメントをいただきました。
訂正しておきました。ご指摘ありがとうございます。
私が やらかしがちな誤記でして、
過去に 過去記事全てのゲージ表記を訂正したことがあります。

DSC01339amx8.jpg
ガガッ
DSC01340amx8.jpg
ガガガッ
DSC01341amx8.jpg
ヤマアラシさん方向のスポーク7本中5本と
反ヤマアラシさん方向のスポーク1本に傷があります。
傷があっても曲がっていなければ交換はしません。
えぐれているなど よほど深かったり、
お客さんが希望すれば 話は別ですが。

DSC01342amx8.jpg
結果、3本 交換しました。
スポークテンションで分かりにくくなっている
隠れ変形スポークかどうか見極めるために
これとは別にもう1本のスポークを 外す直前までゆるめていますが、
何ともなかったので裏返して再使用しています(傷が目立たない)。

曲がったスポークは その実効長さが
くの字 への字の最短距離になるので
「長さが違うスポークを混ぜた状態のホイール」となり
それ由来の振れが出ます。
実際、お預かりした時点では かなりの横振れがありました。
曲がったスポークが混ざったままで振れ取りをすると、
横を取ると縦が出て 縦を取ると横が出るようになります。
スポーク3本の交換で スポークの変形由来の振れが無くなりました。
また、交換したスポーク3本と 一旦ゆるめ切った1本の
計4ヵ所のニップルの調整だけで ほぼ振れ取りが済んでいます。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 1

マグネットを やり直しました  

昨日の熱収縮チューブのホイールマグネットですが、
DSC01274amx8.jpg
DSC01275amx8.jpg
用意していた2つのマグネットは
磁力が しょぼいので(サイズが小さいので仕方がない)
安定供給されない第3のマグネットを使ったのですが・・・

DSC01276amx8.jpg
DSC01277amx8.jpg
さらに別の、第4のマグネットに変更しました。
ニップルを一旦外さないと チューブが仕込めないので面倒です。
磁力については これが4つの中で最も強く、
安定供給もされているものではありますが
面倒なので もうやりません。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

初代R-SYSさん  

お客さんから 初代R-SYSをお預かりしました。
DSC01239amx8.jpg
前後輪とも 徹底的にオーバーホールしてほしいとのことです。
まずは後輪から。

DSC01240amx8.jpg
DSC01241amx8.jpg
ハブをバラす前に。ホイールセンターがずれていました。

DSC01242amx8.jpg
DSC01247amx8.jpg
フリーボディ周りを洗浄しました。
フリーのラチェット音を無音にしてほしいとのことですが、
マヴィックの純正オイルとは別に ある種のグリスをちょっと差すことで
無音には出来ます。
たくさん差すと フリーの空転時に リヤハブの回転が半クラッチ的に伝わって
走行時に足を止めると チェーンステーの上側で
チェーンが だら~んと垂れたり、
後輪を浮かせるスタンドにかけているときに 後輪を回すと
幽霊がペダリングしているかのようにクランクが回り続けたりします。
なので、ほぼ無音ながら グリスは ほどほどにしました。

DSC01243amx8.jpg
反フリー側のトラコンプリングですが、
ごく初期だけの回り止めプラスチック無しの赤いものが入っています。

DSC01244amx8.jpg
↑スポークヘッドとの接触痕
DSC01245amx8.jpg
↑ここは ほとんど無い
初代当時から使い倒しているとすれば 約10年になるわけですが、
実際の使用歴は それほどではないようです。

DSC01246amx8.jpg
リヤハブのベアリングは「換えても換えなくてもいい」程度ですが
ハブ体の左右とも交換しました。
フリーボディのベアリングは交換していません。

DSC01248amx8.jpg
DSC01253amx8.jpg
だいぶ時系列がとびますが、
スポークヘッドにシリコーングリスを塗布して
トラコンプリングを再圧入しているところです。
スポークヘッドと接触痕の位相をずらすことで
実質 新品として再利用するという試みですが、
新型トラコンプリングだと この位相ずらしの自由度が低いのが難点です。
トラコンプリングがグルグル回るのは スポークの引っ張りが足りない
(普通のスポークであれば「スポークテンションが低い」と書くところです)
ときに限られるので、回り止めは 本来は不要な機能です。
保険としての意味はありますが。

DSC01249amx8.jpg
初代R-SYSは 縦方向の繊維だけのカーボンスポークが
問題視されてリコールになっていますが、交換対象は前輪だけです(※)。
なので後輪のスポークは裂けた竹のように割れることがありますが、
よりにもよって コスメチックスポークのみ1本が割れていました。
お客さんの手紙には書いていなかったことなので確認しましたが、
知らなかったそうです。
スペアスポークは持っていますが コスメチックではありません。

※前輪の交換の納期のお詫びとして
当時のアクシウムが前輪だけでなく 前後輪、
無償でお客さんに お渡しする分として配られましたが
そもそも店頭在庫で まだ売れていないR-SYSにも
アクシウムの前後輪が付いてくるので、
そのぶんはガメて 普通に売るショップが当時 散見されました。
店頭在庫の交換分は「お客さんへのお詫び」的な意味が無いので
ギリギリOKな気もしますが、
すでに販売したR-SYSについて
お客さんにアクシウムの件を黙っていたショップがあったのも事実です。
よし この話はヤバいから読めないように消しておこう。


DSC01250amx8.jpg
DSC01251amx8.jpg
↑スポークを押さえると ビニールひものように
シャクシャクとした感触で割れます。
この状態でも、横振れは出ません。
なので 気付きにくいのです。

DSC01254amx8.jpg
DSC01255amx8.jpg
センター出し1回目。
横振れは元々ほぼ無いですが、取ってあります。
ずれの量が減っただけでなく、ずれの向きが逆転しました。

DSC01256amx8.jpg
DSC01257amx8.jpg
センター出し2回目。
ドンピシャです。

DSC01285amx8.jpg
つづいて前輪。

DSC01266amx8.jpg
かなりの量の切削カスが入っていました。

DSC01265amx8.jpg
ベアリングの回転がガサガサしているので
後輪と違い 交換は必須です。

DSC01267amx8.jpg
洗浄しました。

DSC01268amx8.jpg
回り止め防止のプラスチックを取り付ける切り欠きの範囲内でも
一応は位相ずらしが できます。

DSC01269amx8.jpg
DSC01270amx8.jpg
後輪ほどではないものの センターずれがあり、直しています。



おまけ
DSC01259amx8.jpg
R-SYSのカーボンスポークにはさまれた
グエーッ。

DSC01260amx8.jpg
だいじょうぶかいまたすけるぞ

DSC01261amx8.jpg
グエーッ。

DSC01262amx8.jpg
これはたいへんだいまたすけるぞ

DSC01263amx8.jpg
グエーッ!

DSC01264amx8.jpg
われたカーボンスポークはあぶないぞ
よいこのみんなはさわらないようにしよう!

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

WH-6800のリムを 6700のリムに交換しました  

お客さんから WH-6800の後輪をお預かりしました。
DSC01211amx8.jpg
ブレーキゾーンが摩耗で丸く凹みかけており、
リムの交換をしたほうがいいのですが
こんな大昔のホイールのスペアリムを シマノが持っているわけがありません。

DSC01212amx8.jpg
が、お客さんのほうで
さらに前のモデルのWH-6700のリヤリムの用意があるので
これを使って 組み換えることになりました。

DSC01213amx8.jpg
↑分かりにくいですが「6700」と描いてあります。

DSC01229amx8.jpg
組み換えました。
リムのお引っ越しで済ませられない事情が多く、
ホイール組みそのものより ハブやニップルの洗浄のほうに時間がかかりました。

DSC01216amx8.jpg
ニップルには 歯周ポケットに砂が詰まっており、
全て洗浄しましたが ハブからスポークセットを取り去るのが非常に手間なので
ハブフランジにスポークが通った状態のままで個別に洗っています。

DSC01217amx8.jpg
びふぉー
DSC01228amx8.jpg
あふたー

DSC01218amx8.jpg
びふぉー
DSC01221amx8.jpg
あふたー

DSC01219amx8.jpg
びふぉー
DSC01222amx8.jpg
あふたー

DSC01220amx8.jpg
びふぉー
DSC01233amx8.jpg
あふたー

DSC01223amx8.jpg
びふぉーは無いけどあふたー
鋼球周りに傷みは無かったですが、グリス切れではありました。

DSC01214amx8.jpg
6700のリムの重量です。
付属していたチューブレスバルブを外しています。

DSC01231amx8.jpg
根元の形状が これであれば、純正のバルブ以外の使用も可能です。
オフセットリムの傾斜を埋める 斜めのワッシャーアダプターだけが
有用なパーツです。

DSC01215amx8.jpg
バルブコアが外れないタイプのバルブなので
ここからシーラントを入れることが出来ません。

組み換え前の6800のリヤリムの重量ですが、
比較用の情報を与えたくないので教えません。
なんで教えなあかんねん。←うわこいつかんじわるい














DSC01232amx8.jpg
オ待タセシマシタ!

DSC01230amx8.jpg
コチラノ画像ヲ ゴ覧クダサイ!
↑やーめーろー!

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 3

レーシングゼロさん  

お客さんから レーシングゼロの後輪をお預かりしました。
DSC01177amx8.jpg
行きつけのショップでリム交換をしたとのことですが、
センターずれ疑惑があるそうです。

これに取りかかる前の 別件のお客さんの点検で、
「このハブのすき間がセンターずれの量でんねん、
今度はこっちで寸法を採って 逆側で当てると
その量のすき間が リム側で出ますねん」
という説明をしているときから 熱心に作業を見ていたので
何かあるなとは思っていたのですが、

DSC01178amx8.jpg
DSC01179amx8.jpg
やっぱり ずれていました。

DSC01180amx8.jpg
DSC01181amx8.jpg
直しました。
取りきれていなかった横振れを 皆無にまで追い込んだのも
お客さんに 間近から見てもらっていますが、
これはある意味、試されているわけです。
「あれっ、いまのところ もうちょっと追い込めるんじゃないの」
と お客さんに思われてしまってはいけません。

お客さんが 整備の結果に疑念を持っていても、
ショップ側が「大丈夫ですよ」と言ってしまうと
大抵のお客さんは それ以上何も言えなくなってしまいます。

その「大丈夫」のレベル、お客さんのほうが高いというのが問題です。
確信に近い疑いが無ければ、今回のような件も
当店には お持ち込みされないでしょう。
もっとちゃんと見てやれよ。
紙1枚くらいの量のセンターずれじゃないから
どんなに安いゲージを当てても これを見逃すことはありえんだろ。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター