のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

のむラボホイール5号の前輪を組みました  

今日もホイー(以下略)。
DSC06166amx6.jpg
お客さんから WH-7850の前輪をお預かりしました。
ほぼ新品という触れ込みで買った中古だそうですが、
明らかに事故の履歴があり しかも直せる程度ではありませんでした。

DSC06167msn.jpg
お客さんのほうでテープで印をつけてあるスポークですが、

DSC06168msn.jpg
スポーク押さえ工具を使わず回したのか
ニップル付近で ねじれています。

まずは これの補填、つづいて振れ取りですが
リムに ゆがみがある可能性が高く
テンションが抜けているスポークも3本ほどあるので
それも調べてほしいとのことです。

まずスポークですが、細かいことを書くと
私が損するだけなので 詳しくは書きませんが
7850のスポークは全面的に入手不可、
7900もリム高次第では在庫があるものもありますが
基本的に生産中止・メーカー在庫が無くなり次第終了という状況です。

別件ですが、先日信じられないことがありまして
PD-9000のペダル軸、すでに廃盤・メーカー在庫終了となっております。
4mm長いロングシャフトは かろうじて入手は可能ですが、
ショートシャフトは もうありません。
PD-9000くらいなら、新品の在庫を持っているショップも
まだ あるくらいだと思うのですが・・・。
それで先日、PD-9000の(メーカーにやり方に則った)修理が
できない件がありました。何とかしましたが。
今のシマノは、ユーザーに
「ひとつの製品と末永くお付き合いいただく」つもりがないことは
無いことは以前書きましたが(→こちら)、
今回の件も 純正のスポークの供給が無い以上
好きにやらせてもらうことにします。
同じシマノの別モデルのスポークで、バテッド部分の寸法が同じで
ほぼ同スポーク比重の少し長いスポークから
この前輪の長さを切り出しました。
結果的には、直せなかったわけですが。

DSC06173msn.jpg
DSC06174msn.jpg
なんじゃ この縦振れは。
ゆがんでいるリムを、横振れだけでも取ろうとした作業の結果のようですが
単にめちゃくちゃになっているだけかも知れず、
バラさないことには判別できないので

DSC06175amx6.jpg
バラしました。
ガラスの定盤で、かすかどころでは無いくらいに反っています。
といってもポテチ状態でもなく、少しと言えば少しですが
ホイールに組めるかと言えば無理なくらいです。
実は ここから悪あがきをして、ホイール組みを試みました。
が、やはり無理でした。
「指でカタカタと動くスポークを さらにゆるめなければならない」
という位相があります。

DSC06183amx6.jpg
お客さんに了解をいただき、
のむラボホイール5号の前輪を組むことになりました。

DSC06184msn.jpg
エボライトハブ20H 黒CX-RAY反ヌポークラジアル組み
黒アルミニップルです。

DSC06185msn.jpg
当店にはカーボンラミネートWOリムの墓場がありますが、
今回のリムはお客さんに見てもらうため
墓場行きにはせず お返しします。
ちなみに、墓場のリムで前輪を組めないかと思われそうですが
墓場行きになるだけあって ビードフックが変形していたり
ポテチ状態がひどかったりしているので
今回のリムよりひどい症状のものしかありません。
しかも いずれ記事にするために、本当にヤバイ壊れ方をしたリムは
上の画像にはありません。

DSC06176msn.jpg
DSC06177msn.jpg
リムの実測重量を晒しておきます。
こうすることで、蟹光線の出現を抑えることが
できるのではないかと思いました。
奴に不都合な真実を漏洩されるのには 本当に迷惑しています。













DSC06188msn.jpg
オ待タセシマシタ!コチラノ画像ヲ ゴ覧下サイ!

DSC06186msn.jpg
今回ノ代替すぽーくハ WH-6800ノ ふろんと用ヲ 使イマシタ!

DSC06169msn.jpg
画像上ガ 6800、下ガ7850-CLデス!
はぶ側ノ ぷれーん部分ノ長サハ 同程度、
DSC06170msn.jpg
りむ側ハ6800ノ方ガ ヤヤ長イノデスガ、
補修用トシテハ問題アリマセン!

DSC06171msn.jpg
すぽーく長サト ネジ山長サガ 違ウノハ、
DSC06172msn.jpg
加工デ 何トデモナリマス!
↑やーめーろー!

category: のむラボホイール

tb: 0   cm: 0

のむラボホイール5号の後輪を組みました  

今日もホイー(以下略)。
DSC06162amx6.jpg
のむラボホイール5号の後輪を組みました。

DSC06164amx6.jpg
エボライトハブ24H 半コンペヨンロク組み
赤アルミニップルです。結線は あとでやります。

category: のむラボホイール

tb: 0   cm: 0

のむラボホイール2号の前輪を組みました  

今日もホイー(以下略)。
DSC06144amx6.jpg
お客さんから のむラボホイール1号の前輪をお預かりしました。
自動車とぶつかって振れてしまったということです。

振れ取りを試みたところ、
ものすごく頑張れば 横振れ無しには出来そうでしたが、
テンションのばらつきが大きかったので
リムに反りがある可能性大と判断し リム単体の状態までバラしました。
ガラスの定盤にかけたところ やはり反っていたので
(お客さんにも 新品のリムとの違いを見てもらってます)、

DSC06146amx6.jpg
リムを交換しました。
明らかにポテチ状態であれば
リムのお引っ越し的に作業するのですが、
反っているかどうか確定していなかったのと
スポークのねじ山の洗浄をしたかったので
一旦 完全にバラしています。

DSC06145amx6.jpg
びふぉー
DSC06147amx6.jpg
あふたー
リムだけでなくニップルも交換しました。
リーフハブ20H CX-RAY反ヌポークラジアル組みです。

ここまで読んで 表題と違うやんけと思った方もおられると思いますが

DSC06148amx6.jpg
のむラボホイール2号の前輪を組んでいます。

DSC06149amx6.jpg
エボライトハブ20H 黒CX-RAY反ヌポークラジアル組みです。

category: のむラボホイール

tb: 0   cm: 0

のむラボホイール1号の後輪を組みました  

今日もホイー(以下略)。
DSC06142amx6.jpg
のむラボホイール1号の後輪を組みました。

DSC06143amx6.jpg
エボライトハブ24H 半コンペヨンロク組み結線ありです。

category: のむラボホイール

tb: 0   cm: 0

のむラボホイール5号の後輪を組みました  

お客さんから のむラボホイール2号の後輪をお預かりしました。
DSC06100amx6.jpg
半コンペのフリー側のスポークが1本とんだので修理するのですが、
ついでに半チャンピに組み直してほしいとのことなので
フリー側のスポークを除いた状態から

DSC06103amx6.jpg
組み直しました。

DSC06104amx6.jpg
24H ヨンロク組みで

DSC06105amx6.jpg
半チャンピにしています。
これは今日もホイー(以下略)。的には ノーカウントなので


今日もホイー(以下略)。
DSC06101amx6.jpg
のむラボホイール5号の後輪を組みました。

DSC06102amx6.jpg
エボライトハブ24H 半コンペヨンロク組み結線ありです。

category: のむラボホイール

tb: 0   cm: 0

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター