のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

キャットアイのVOLT300を買いました(前編)  

キャットアイのVOLT300を買ったので感想など書きたいのですが、
記事用の写真を撮っていないので 今から撮ってきます。
DSC02579amx3.jpg
深夜の公園に ペンギンを連れて
徘徊しているという事例
が発生するため
ここに戻ってこれなくなる可能性がありますが、
もしそうなったら すみません。

追記:
蟹光線についてのコメントがいくつか来ていますが、
もしよければ(→こちら)もどうぞ。

category: キャットアイのステマ

tb: 0   cm: 2

パドローネのススメ!  

キャットアイから「パドローネ(親方の意)」というサイクルコンピュータが出ました。
DSC00018amx3.jpg
機能は走行速度・平均速度・最高速度・走行時間・走行距離・積算距離・時計の
7機能で ワイヤレスというシンプルなモデルです。
ストラーダワイヤレスとほぼ同機能です。
(↑こっちは第2走行距離がある)

では何が違うのかというと、パドローネはとにかく本体がでかいんです。
視認性が非常に良いということですね。

メーカーの意図に反して「老眼ナメんな」と思われたのか
思ったほど売れていないという裏話もありますが

今回はパドローネの大きさについて私なりにお伝えしようと思います。

で、上の画像は はがき型のパンフレットなのですが、
いまいち大きさが伝わりません。
10セント硬貨と比べて大きさがピンと来る方は少ないでしょう。
なぜ日本の硬貨にしなかったのか。
紙幣だとちょっとまずい場合があります。
全体図を載せるなら斜線や「み ほ ん」の表記を
入れたりしないといけませんし、
ディスプレイ上に紙幣が映っているのは問題ないそうですが
その画像をプリントアウトすると法的にまずい場合があります。

タバコの箱が よく比較の対象として使われますが、
自転車乗りはタバコを吸わない人が多いので
タバコは避けたほうがいいでしょう。

「押収されたトカレフ」は タバコの箱と並んでいることが多いので
トカレフとパドローネを並べれば その道のプロの方なら
ピンと来るかもしれません。
「どんな道のプロなんだ」とか
「そのプロの顔のほうがピンと来るやつだろ」などの
ツッコミはご遠慮ください。

DSC00022amx3.jpg
配慮さんとストラーダワイヤレス(以下 ストラーダ)を
並べてみました。だいたいの大きさは伝わると思います。

DSC00023amx3.jpg
次に配慮さんとパドローネを並べてみます。
思ったより大きいですね。

DSC00016amx3.jpg
今度はマリオとストラーダを並べてみます。

DSC00015amx3.jpg
つづいてマリオとパドローネ。
やはり大きいですね。

DSC00021amx3.jpg
さらに1ジンバブエドルとストラーダ。

DSC00020amx3.jpg
つづいて100000000000000ジンバブエドルとパドローネ。
額面が100兆倍も違うと紙幣の大きさも変わってくるということでしょうか。

DSC00032amx3.jpg
↑図にまとめるとこのようになります。

DSC00026amx3.jpg
疑り深い方へ。
ストラーダと配慮さんとパドローネです。









DSC00029amx3.jpg
カリン塔

DSC00030amx3.jpg
実際に並べた場合の大きさ
最初から この画像にすればいいだろ!と言われそうですが
それはキャットアイとて同じこと。


キャットアイでは 同社のごつくて分厚いCC-VT210Wと比べて
液晶が大きくなり本体が薄くなりましたと謳っていますが、
比べるなら ほぼ同デザイン同機能のストラーダとするべきだと思うのです。

category: キャットアイのステマ

tb: 0   cm: 2

CATEYEの「NIMA」、入荷しましたー!(ステマはじめました)  

CATEYEの新作、NIMAが入荷しました!!
DSC08071amx.jpg
コンパクトなボディからは考えられないくらい明るいライトです!
トライアスロンにもオススメです!!(根拠は特にない)

DSC08073amx.jpg
こんな小さなライトなのに、こんなに明るいものをはじめて見ました(笑)!
私も一つ買って使ってみようと思います(暗黒微笑)!!
おすすめですよぉ!!

DSC08074amx.jpg
冬場の練習は、暗くなるのが早いので、これはとても便利な便利なグッツですね!
かわいい見た目なので女の子のロードバイクにもオススメですョ!

DSC08077amx.jpg
2種類のゴムバンドと、
角度を付けるためのゴムパッドが付属しています!

DSC08078amx.jpg
ゴムバンドなので。

どんな自転車にも付きます。

色はクロムブラック、マットシルバー、マットレッドからお選びいただけます。

スイッチ操作も簡単で防水性が高い。

電池はCR2032が2つ入りです。

詳しいことはスタッフにおたずね下さい。
こんな日本語が不自由な文章で製品のことが伝わっているとは思えないので。

category: キャットアイのステマ

tb: 0   cm: 2

サイクルコンピュータを久々に買いました  

私事ですが、サイクルコンピュータを久々に買いました。
DSC03737amx.jpg
キャットアイのストラーダ スリムです。

DSC03736amx.jpg
本体が薄いのがいいですね。

DSC03738amx.jpg
上から見るとステムに溶け込んでいる感があります。
表示項目は画面上部が常時 現行速度、
画面下部が
時計
走行時間
走行距離1
走行距離2
平均速度
最高速度
積算距離

なのですが、赤文字で示した5つに関しては
表示・非表示の切り替えが出来ます。
特に知りたくない情報を飛ばした設定に出来るということです。
走行距離1と2の違いは、走行距離1は走行時間・平均速度・最高速度と
連動して記録されているということです。
これらのうちどれかをリセットすると上記の4つともが同時に消えます。
走行距離2はそれらと関係なく記録されていて、
消すときは走行距離2だけが消えます。
月間走行距離の記録や チェーン交換時からの走行距離を見るのに使うと便利です。

私はサイクルコンピュータを普段使いません。
練習を、距離を指標として見ていないので距離の情報は要りません。
あるいは、登りで 私を1分当たり 20m置き去りにする人がいたとします。
5分後には100m離されるわけです。
そのときの速度が例えば時速16kmだと分かったとして、
その情報が何か追いつくための役に立つでしょうか?
あるいは、平地で集団走行しているとして、
前に出るときには「引いてもらっていた時の速度」を
目安として集団を引く必要がありますが、そういうときには便利です。
で、今回買った理由は「欲しかったから」です(笑)。
実は小難しいものではありません。

DSC03739amx.jpg
薄いのは本体だけではありません。
センサーが薄いのも「欲しくなった」理由です。
画像では付属のゴムで留めていますが、
タイラップ留めもできるようになっています。

DSC03741amx.jpg
キャットアイのセンサーの多くはSENSOR ZONEの表記の位置が
もっともマグネットの感度の高い位置ではありません。
距離や磁力の条件が厳しくて速度が表示されない場合は
センサーゾーンの位置を疑うと解決することが多いです。

DSC03740amx.jpg
本当に薄いセンサーです。

DSC03742amx.jpg
↑ゴム留めと
DSC03743amx.jpg
↑タイラップ留め

当店には在庫がありませんので、もし欲しい方は
最寄りの自転車屋さんにてお求めください。
それでも当店で買いたいという奇特な方は取り寄せ手配は可能です。

category: キャットアイのステマ

tb: 0   cm: 1

キャットアイ ナノショット プラス 入荷!  

キャットアイのナノショット プラスことHL-EL625RC、入荷しました!
DSC09645amx.jpg
キャットアイはライトの明るさをカンデラ表記のみで発表していましたが、
これは5000カンデラ/約600ルーメンと ルーメンも併記しています。

ルーメンは照射範囲もかかわるので カンデラと単純に換算はできませんが、
公称値をルーメンにしている他社のライトと比較する目安にはなります。

DSC09636amx.jpg
DSC09637amx.jpg
私が今使っているのは同社のエコノムフォースことHL-EL540ですが、
これは単3電池4本使用の仕様なので ややボディが大きめです。
これは4000カンデラですが 同じような大きさで少し前のモデルでは
140カンデラのものがあったことを考えると、
高輝度LEDは日進月歩(いつ買っても後悔する)なんだなあと感じます。

キャットアイは自転車用の高輝度LEDライトでは後発組になります。
それはおそらく、サイクルコンピュータも出しているメーカーだからというのが
関係していると思われます。
高輝度LEDライトが点灯している近くでは、無線式のサイクルコンピュータが
正常に作動しないという事例が多々発生しているからです。


ライトだけを出しているメーカーなら「そんなん知らんわ」で
通るかも知れませんが、キャットアイはサイクルコンピュータも
出している以上、そういうわけにはいきません。

DSC09559amx.jpg
で、エコノムフォースでは7cm、
DSC09638amx.jpg
ナノショットプラスでも5cm メーターから離して使えとありますが、
これは実際にはどれくらいの範囲なのでしょうか。

DSC09653amx.jpg
「メーターの電波と干渉する何か」の発生源はバルブ(電球)部分だと思いますが、
取り付けブラケットからの距離を見てみます。

DSC09657amx.jpg
ハンドルバーの上に付ける場合でこんな感じ、
DSC09656amx.jpg
ステムの上に付ける場合でこんな感じになります。
エコノムフォースは実質(電波干渉する)メーターの取り付けは無理です。
ナノショットプラスでは そのあたりも対策してきているようです。

私の場合はPOLARの心拍計(スピード・ケイデンスは使わない)か
時計しかバイクに付けないのですが、これらの動作がおかしくなるということは
ありません。ガーミンのエッジ500のようなものを使うこともありますが、
それはANT+規格ではないので未検証です。
(ANT+はそういうのに強いと思うのですが)

DSC09641amx.jpg
肝心の明るさ比較です。
まずはエコノムフォースから。最も明るいモードです。
特徴的な四角い照射範囲です。

DSC09642amx.jpg
つづいてナノショットプラスです。これも最も明るいモードです。
照射範囲が大きく、かつ明るさも こちらが上です。

エコノムフォースは電池が交換できるという性質上、
夜中 長時間走る際に電池が切れても交換すればOKという強みがあります。
ナノショットは満充電に8時間かかるので、その点では不利です。
それ以外の点では本体の小ささや ライトの性能(明るさ・照射範囲)などで
ナノショット プラスのほうが優れています。

さっきも書きましたが、こういうライトは日進月歩なので
いずれ もっと高輝度なモデルが出るかもしれません。
「私の光度は530000カンデラです。ですが もちろん フルパワーで
あなたを照らす気はありませんから ご心配なく・・・」
などと自称宇宙一明るい自転車用ライトが出るかもしれませんが、
しばらくはこれで十分だと思われます。



おまけ
前述のガーミン エッジ500のようなものについて
DSC09647amx.jpg
↑任天堂の電子ゲーム「オクトパス」が内蔵されています。
高輝度LEDライトのせいで動作がおかしくなるということはないですが、
これがそうだからと言って エッジ500もそうだとは言い切れません。

海底の宝箱から中身をサルベージするのが目的ですが、
DSC09650amx.jpg
調子に乗ると捕まります。

category: キャットアイのステマ

tb: 0   cm: 0

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター